リカルド、ユベールの事故後のF1ベルギーGPを終えて安堵。「レースをする価値があるのかどうかを考えた」

 ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、FIA-F2ドライバーのアントワーヌ・ユベールが土曜日に事故死したことを受け、日曜日のF1ベルギーGPでは勇敢な表情でレースをすることは困難だったと語った。

 決勝日の朝のパドックは悲しみと感情に包まれており、リカルドは前日の悲劇的な事故とユベールの死について、特に動揺している様子だった。

 リカルドは17番グリッドという下位からレースをスタートし、最高で7位まで順位を上げたものの、最終的には14位に終わった。リカルドは、チェッカーフラッグが遠かったと言う。

「今日が終わったことを嬉しく思っている」とリカルドは日曜日の午後に語った。

「レースが終わったことが嬉しい。おかしいことは分かっているが、僕たちが尊敬の念を表す最善な方法は、今日レースをすることだった。けれど、誰もここにいたくなかったし、レースもしたくなかったと思う。少なくとも自分自身についてはそう言えるが、そう思っているのは僕だけではないと確信している」

「大変だった。ここで努力してみんなに勇敢な顔を見せることは、とても大変だった。昨日のことがあってから、パドックにいるたくさんの人々が心を痛めているのを知っている」

「終わったことには誰もがほっとしていると思うし、ここから先に進むことができる。このようなことが起きるのは、これが最後であってほしい」

 難しい気持ちを抱えていたことから、レースの前に荷物をまとめて家に帰ることを考えたかと、リカルドは聞かれた。

「もちろん、昨日の夜は考えた。『本当にやる価値があるのか?』と確かに自分に問いかけた。なぜなら、結局のところこれは簡単な質問だけれど、とても正直な気持ちでもある」

「これが僕たちの仕事であり、職業であり、人生だ。けれど、ただレーシングカーがぐるぐる回っているだけだとも言える」

 しかし結局リカルドは自分自身を取り戻し、レース前に行なわれたアントワーヌ・ユベールの追悼セレモニーの間、ユベールの母親と兄弟の精神力と勇気を見届けることで助けになろうとした。

「正直に言って、彼の家族をここで今日見ることは、何よりも自分に強さを与えてくれた」とリカルドは語った。

「あんなことがあって、どうしてここにいられるんだろうかと。彼らへの敬意を表しきれないよ」

「何と言っていいか分からない。その立場にいることが想像できなかった。彼らは、今日ここにいる誰よりも強かったと感じた」