フォルクスワーゲン初の量産EV「ID.3」、9月のフランクフルト・ショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン初の量産EV「ID.3」、9月のフランクフルト・ショーでワールドプレミア

Volkswagen ID.3

フォルクスワーゲン ID.3

ビートル、ゴルフに次ぐ基幹車種に

フォルクスワーゲンは、2019年のフランクフルト・モーターショーで同社初のフルEV「ID.3」をワールドプレミアする。今年の同ショーにおけるフォルクスワーゲン・ブースの主役は電気自動車。その市販第一号となるID.3をはじめ、ID.ファミリーのスタディモデルも展示する予定だ。

ID.3は、同社の新しい電動プラットフォーム・アーキテクチャー、MEB(モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス)がベース。ビートルやゴルフに次ぐフォルクスワーゲンの主軸モデルとなる。

フォルクスワーゲン_ID3_フランクフルトショー_充電中イメージ

バッテリー保証は8年もしくは16万km

後輪駆動のID.3は150kW(204ps)を発生。77kWh、58kWh、45kWhと、容量の異なる3種のバッテリー仕様をラインナップする。航続距離は330〜550km(WLTPモード)。100kWの急速充電を使用すれば、30分でおよそ290km分のチャージが可能。バッテリーには8年間、もしくは16万kmの保証がつく。

2019年5月には、3万台の限定生産となる発売記念特別仕様「ID.3 1stエディション」の先行予約受注を開始している。1stエディションは航続距離420kmの58kWhバッテリーを搭載。4つのボディカラーと3種類のバリエーションを用意する。ベーシックな仕様にはボイスコントロールとナビゲーションシステムを装備、中間グレードのプラスにはLEDマトリクスヘッドライトのIQ. Lightとバイカラーの外板色およびインテリアを追加、上級グレードのマックスにはさらに大型パノラマガラスルーフとAR(拡張現実)を採用したヘッドアップディスプレイを装備する。

フォルクスワーゲン_ID3_フランクフルトショー_リアイメージ

事前予約は欧州における29の市場で受付中。手付料は1000ユーロ(約11万7000円)で、2020年4月まではキャンセルの際の手数料が無料で、手付料の返金も可能という。

エントリーモデルの車両価格はドイツ本国で3万ユーロ(約350万円)を下回る模様。生産は2019年末より開始、初期ロットのデリバリーは2020年中旬を予定している。

今年のフランクフルト・モーターショーの開催期間は、2019年9月10〜22日。