「個性的な2ドアクーペボディにターボエンジンを搭載したEXAターボ」これぞE15ETファミリー最強モデルか!?【ManiaxCars】

「個性的な2ドアクーペボディにターボエンジンを搭載したEXAターボ」これぞE15ETファミリー最強モデルか!?【ManiaxCars】

ヤバイ車種が勢揃い? E15ETは変態グルマ専用エンジンなのか!?

軽量ボディにターボパワー。動力性能は想像以上だ!

パルサーが2代目へとフルモデルチェンジした1982年4月、リトラクタブルヘッドライトを持つ2ドアクーペの初代EXA(エクサ)が登場。当時のカタログによると、EXAってのは“10の18乗=100京(けい)”を表すそうで、なんでも天文学とか原子物理学とかの分野で使われる最大単位のことらしい。てっきりEXiV(コロナ)やED(カリーナ)みたいになんかの頭文字かと思ってたんだけど、実はそうじゃなかった…。

そんなEXAにターボモデルが追加されたのは1年後の1983年5月。搭載される1.5L直4SOHCターボのE15ETはギャレット・エアリサーチ社製T02タービン(と思われるけど、資料不足により詳細不明)が採用され、NAのE15Eを最高出力で20ps、最大トルクで4.5kgm上回る115ps/17.0kgm(いずれもグロス表示)を発揮した。

そこで「E15ETって他にはどんなクルマに載ってたんだ?」と調べてみると…マジひっくり返りそうになった。だってサニーターボルプリにローレルスピリットターボ(以上B11系)、さらにEXAターボの兄弟モデルになるパルサーターボ、ラングレーターボ、トドメはリベルタビラターボ(以上N12系)と、もう変態グルマのオンパレード! とにかくヤバすぎる豪華キャストなのだが、結果的に「E15ETってのは変態グルマのために専用設計されたエンジンだった!」と言いきってしまっていい。

80年代前半の日本といえばパワー競争の時代で、自動車メーカーがこぞってターボエンジンをラインナップ。それは1.5Lクラスにも及んだわけだけど、いろんな意味でもっともキョーレツだったのは車種ラインナップからしても間違いなくニッサンだろう。それと真っ向勝負してたのがミラージュ、コルディア/トレディアと、これまたヤバイのが名を連ねるキング・オブ・変態メーカー(笑)のミツビシだった…ってのは、ここでは直接的に関係ないハナシだけど、変態グルマ好きなら激しくうなづいてくれるはずだ。

目の前にたたずむ赤黒2トーンのEXAターボ。リトラクタブルヘッドライトが与えられたシャープなフロントノーズ部と、大胆に切り落とされたCピラー&リヤウインドウとのアンバランスな様子がどうにも違和感をぬぐえないスタイルに思わず鼓動が速くなり、「あ、この瞬間がニッサン車だね」という名キャッチコピーがアタマん中でグルグル回ったことは言うまでもない。ちなみに、リトラクタブルヘッドライトは世界初のワンタッチパッシング機能付きってとこがニッサンの自慢らしい。

……、落ち着いてクルマを見ていこう。外装でターボ専用となるのはヘッドライトウォッシャーとホイールキャップ、ボディサイドとトランクリッドに貼られたTURBOステッカー。ちなみに、ホイールキャップはデザインこそNAモデルと同じだけど、色使いが異なるっていう、まさに変態グルマ好きが喜ぶであろう、ビミョーな差別化が図られてる点が見逃せないポイントだ。

一方の内装は、まずブースト計を持つ水平指針の5連メーターや、サポート性を高めたシートなどが専用品となる。

ここでも前後シートの背もたれやメーターパネルにTURBOのロゴが入り、ターボモデルであることを主張している。その演出はちょっとクドイくらいなんだけど、当時は車格的にも動力性能的にもターボエンジンを搭載してることがエラかったわけで、きっとメーカー側もそれを積極的にアピールして販売促進につなげたかったんだろうな、と。

ミッションは5速MTの他、3速ATも用意された。5速MTのギヤ&ファイナルはNAモデルのEXAと共通。以下マニア情報として実はNAモデルにはEXA-Eというグレードが存在し、こっちは1~3速のギヤ比を4速に近付け、ファイナル比も低くしたクロスミッションが搭載されていた。

さらに、EXAターボはリヤディスクブレーキや大型マスターバック、専用チューンドサスの採用、タイヤサイズアップ(165/70-13→175/70-13)なども実施。パワーアップに合わせて各部に手が加えられていたのだ。

と、いろいろ調べてたらEXAターボは後期型でターボVとターボRの2グレードで展開した驚愕の事実(!?)が発覚。情報が少ないもので詳細は不明だけど、ターボRにはデジタル式スピードメーター+アナログ式タコメーターという、その名も“ハイブリッドデジタルメーター”が標準装備されてたんだってよ。

さて、いよいよ試乗タイム! 運転席に座ると、1620mmという数字よりもコンパクトに思えるナローな全幅と、広いガラスエリアによってもたらされる開放的なインテリアが印象的だ。

前期型のガラスルーフは手動脱着式でチルトアップも可能。室内側には直射日光を遮るためのサンシェードも設けられる。これが後期型ターボV/Rでは電動開閉式にバージョンアップする。

軽めのクラッチペダルを踏み込んで1速をセレクト。半クラッチを確かめながらゆっくり左足をリリースすれば、アイドリング回転でもスルリ…と動き出してくれるのは、わずか880kgという車重によるところが大きいと思う。

2速に入れてグッとアクセルを踏み込んでみる。ヒュイィィィ~ン…というタービンの過給音とともに3500rpmあたりから明らかにパワーが盛り上がってくる。最大ブースト圧は0.5キロ弱、パワーにしてもNAに対してプラス20psだから、軽~くアシストする程度かと思ってたけど、いやいや予想外にターボらしさを存分に楽しませてくれるフィーリングだ。今回は一般道だけでの試乗だったけど、これなら100km/h前後の高速巡航でも5速ホールドのまま、アクセルひと踏みでストレスなく加速してくれそうな感じ。

ちなみに、「燃費は一般道で12km/L、高速で14km/Lくらい」とオーナー。それだけ走ってくれれば十分だし、フトコロにやさしいレギュラーガソリン仕様ってのもうれしかったりする。

ひとつ言うとすれば、取材車両はノンパワステゆえ、車庫入れの時にステアリング操作が結構重いってことか。175幅のタイヤは今どきかなり細いけど、車重880kgのうち前軸に580kgが載ってるかなりのフロントヘビー(前後重量配分でいったら66対34)だから、そこは割り切るしかないかも。というか30年選手ってことを考えれば、パワステトラブルとは無縁でいられるメリットの方がはるかに大きい!! と思う。

いや~変態グルマの極み(失礼!)にして、実にまっとうな動力性能や実用性。EXAターボはスバラシイ!

■SPECIFICATIONS

車両型式:KHN12

全長×全幅×全高:4125×1625×1355mm

ホイールベース:2415mm

トレッド(F/R):1395/1375mm

車両重量:880kg

エンジン型式:E15ET

エンジン形式:直4SOHC+ターボ

ボア×ストローク:φ76.0×82.0mm

排気量:1467cc 圧縮比:8.0:1

最高出力:115ps/5600rpm

最大トルク:17.0kgm/3200rpm

トランスミッション:5速MT

サスペンション形式(F/R):ストラット/トレーリングアーム

ブレーキ:FRディスク

タイヤサイズ:FR175/70R13

PHOTO &TEXT:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)