世界最強の4気筒を搭載したメルセデスAMG GLA「35」&「45」はココが違う

●「AMG GLA 35」&「AMG GLA 45」の同時スクープに成功

メルセデス・ベンツは、エントリー・クロスオーバーSUV「GLA」次期型を開発していますが、その高性能モデルとなる「AMG GLA 35」および頂点に君臨する「AMG GLA 45」を同時スクープに成功しました。

メルセデスAMG GLA45外観_002
メルセデスAMG GLA 45 開発車両

「GLA」はエントリーモデル「Aクラス」ベースの派生モデルとして、2014年に米国でデビュー。同年には日本にも導入されています。2017年にはマイナーチェンジが行われ、同社クロスオーバーSUVの特徴である「パンチドグリル」を採用、SUV色が強められました。

初のフルモデルチェンジでは薄型のヘッドライトを装着、「MFA2」プラットフォームを採用し、ホイールベースが延長されるほか、トレッドの拡大も見込まれています。

メルセデスAMG GLA35外観_002
メルセデスAMG GLA 35 開発車両

今回はその高性能モデルとなる、AMG「GLA 35」および「GLA 45」を同時スクープに成功。捉えた両プロトタイプを比較すると、クローズアップ写真でも確認できる通り、「GLA 45」のルーフスポイラーはアグレッシブな上向きのデザインが与えられ、ホイールもそれぞれ専用デザインを持つほか、エキゾーストパイプの太さにも違いが見られます。

顕著なのはフロントグリルでしょう。どちらもカモフラージュされていますが、「GLA 45」には縦スラットの入ったパナメリカーナグリルが装着されるはずです。

メルセデスAMG GLA45外観_004
メルセデスAMG GLA 45 開発車両

「AMG GLA 35」のパワートレインは、最高出力306psを発揮する2.0リット直列4気筒ガソリンターボエンジン、「AMG GLA 45」には世界最強と伝えられている「M139」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン最高出力を搭載、最高出力は387psを発揮します。また遅れて登場が予想される「AMG A45S」は最高出力が421psまで向上すると噂されています。

ワールドプレミアは、早くても2020年以降となるでしょう。

(APOLLO)