ランドローバー ディスカバリーの特製移動式ラボ、アフリカのマラリア調査に機動力と積載力で貢献

ランドローバー ディスカバリーの特製移動式ラボ、アフリカのマラリア調査に機動力と積載力で貢献

Land Rover Bursary Mobile Malaria Project

ランドローバー基金 モバイルマラリアプロジェクト

アフリカ大陸7350kmを8週間で走破

英国王立地理学会(RGS-IBG)とパートナーシップを結ぶランドローバー基金は、活動の一環として、誕生30周年を迎えるディスカバリーを調査活動用車両として提供した。

使用されたのは「モバイルマラリアプロジェクト」と名付けられた調査活動。ディスカバリーは移動式ラボとして、オックスフォード大学の研究者3名のチームとともにナミビア、ザンビア、タンザニア、ケニアとアフリカ大陸サハラ以南の4ヵ国、計7350kmを8週間にわたり走破した。

ランドローバー_基金_モバイルマラリアプロジェクト_ディスカバリー1

遺伝情報を解析するDNAシークエンシング技術をオフグリッド(送電線網などを用いない)状態で、移動式ラボという形で敢行できたのは今回が初。しかも、走行中にもデータ生成が可能という利点がある。地元の研究者は、移動式ラボを利用することでDNAデータの抽出から分析を現地で実施することが可能になり、有用なDNAデータを数時間のうちに生成することができた。通常であればデータを取得した後は、それを送付する準備をして海外のラボへサンプルを送り、結果が出るまで数週間待たねばならない。

ジャガー・ランドローバーのチーフ・メディカル・オフィサー、Dr. スティーブ・アイリーは語る。

「マラリアは毎年、世界中で数百万の人々を襲っています。ジャガー・ランドローバーは、我々の技術を専門家の人々に役立ててほしいと強く願ってきました。ランドローバー基金はその一例です。SVOチームが手がけた特別なディスカバリーが、人が到達困難な場所でもDNAシークエンシングは可能ということを証明したことは、我々にとっての大変な誇りです」

ランドローバー_基金_モバイルマラリアプロジェクト_ディスカバリー3

移動式ラボでゲノム解析ができることを証明

移動式ラボとしてワンオフで製作されたディスカバリーは、容量1137リットルという自慢の荷室をフル活用。必需品を保管するための冷凍・冷蔵庫をはじめ、装備品を確実に収納できる専用の収納エリア、車載バッテリーなどを備えている。ポータブルのDNAシークエンシング機器“MinION”を積んでいるのはもちろんのこと、2組の天幕やレスキューキット、ウィンチ、スタック脱出用ラダー、ルーフラック、夜間ドライブ用LEDランプなども完備した。

プロジェクトリーダーのDr.ジョージ・バズビーは「ディスカバリーは今回の仕事にうってつけの1台でした。我々が必要なすべての装備をやすやすと積み込んで、いかなる地形も踏破して移動式ラボとして活躍してくれたのです。ランドローバー基金のサポートなくして、マラリア撲滅に役立つ移動式DNAシークエンシングの実用性を証明することはできなかったでしょう」と説明する。

マラリアは世界で3番目に多いとされる死亡率の高い伝染病。その90%がアフリカで発生している。薬剤耐性マラリアの分布や、それを媒介する蚊に殺虫剤抵抗性があるかどうかなどは、大陸のエリアによって異なる。DNAレベルの分析は、地方自治体が実施するプログラムへ、それらの情報を提供するためのひとつの方法だ。それぞれの地域の蚊の数に応じた最適な殺虫剤や、最大限効果を発揮する処置を見出し理解することは、マラリアの蔓延を予防するのに欠かせない。

ランドローバー_基金_モバイルマラリアプロジェクト_ディスカバリー2

2020年のプロジェクトでは新型ディフェンダーが活躍

2ヵ月におよぶ調査の旅で、チームの面々はディスカバリーに積んだ装置一式で調査、研究が可能だと認識できたという。今後はラボという巨大な建物内に縛られることなく、それぞれのエリアでシークエンシングを行うことができることを証明した。

ランドローバーと英国王立地理学会は、人道支援および環境保全活動を目的に長年パートナーシップを結んできた。ランドローバー基金は、地理・地形に関する豊かな知識を活かして活動をサポート、年間3万ポンド(約390万円)と車両の提供を行っている。支援活動は今年で12年目。熱く乾燥したヨルダンでの水質調査から、北半球で最も寒いマイナス40度のセルビアまで、あらゆる場所でランドローバーの車両は駆け回っている。

また、「モバイルマラリアプロジェクト」の成功から間もなく、ランドローバーは2019年の基金大賞プロジェクトを決定した。全員女性で構成されたチームは、特製のディスカバリーに乗って東アフリカを目指す。食料安全保障を脅かす有害なペストを防ぐべく、とくに害虫のツマジロクサヨトウに特化した調査へと乗り出す。

2020年のランドローバー基金には、新型ディフェンダーが使用される。エントリーしたプロジェクトの発表は2019年11月30日に行われる。