レクサスが東京モーターショーで新型EVハッチバックを初公開!?

●レクサスがエントリーモデル市場を強化。「CT200h」後継モデルを発表?

レクサスは、新型のコンパクトEVを東京モーターショー2019で初公開する可能性が高いことがわかりました。英Autocar誌電子版によると、新型モデルは2015年に発表された「LF-SAコンセプト」にインスパイアされた電動ハッチバックモデルになるといいます。

レクサス LF-SAコンセプト外観_002
レクサス LF-SAコンセプト

エクステリアの詳細は不明ながら、ブランドアイデンティティであるスピンドルグリルは継承する必要があると示唆しています。キャビン内では、ステアリングホイールの両側にデジタルディスプレイを配置、一方にインフォテイメントシステム、もう一方に車両情報を表示する未来的デザインが継承されるようです。

レクサス LF-SAコンセプト外観_003
レクサス LF-SAコンセプト

同社のチーフエンジニアの佐藤氏は、メルセデス・ベンツが「Aクラス」「CLA」「GLB」などの新型モデル、BMWが新型「1シリーズ」、そしてアウディは新型「A3」を9月のフランクフルトモーターショーで発表予定するなど、エントリーモデルに力を入れており、レクサスがその市場を強化していくことは必須であると語っています。

このコンセプトモデルは市販化が期待されており、米国で販売終了している「CT200h」後継モデルとして発売されると予想されています。

(APOLLO)