WEC:トヨタ、TS050最後のシーズン開幕戦で1-2フィニッシュ。「ドライバーたちは難コンディションでも冷静だった」

 9月1日、2019/2020年WEC世界耐久選手権第1戦シルバーストン4時間レースがイギリス、シルバーストン・サーキットで行われ、TOYOTA GAZOO Racingはマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペス組7号車トヨタTS050ハイブリッドと、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー組8号車トヨタTS050ハイブリッドがワン・ツー・フィニッシュを達成。昨シーズンから続く連勝を“6”に伸ばしている。

 前日に行われた公式予選において、7号車がポールポジションを、僚友8号車が2番手グリッドを獲得したトヨタ。迎えた日曜の決勝では、まず7号車を駆るコンウェイを先頭に8号車のブエミがこれを追う展開に。

 しかし、スタートから30分後、2台のトヨタTS050ハイブリッドは不運なタイミングで出されたフルコースイエローによって、ライバルのレベリオン・レーシングに先行を許してしまう。レース再開後、1回目のピットストップでポジションを入れ替えたブエミとコンウェイはライバルをオーバーテイクして再びワン・ツー態勢を築くが、レース中盤になると今度はブリティッシュウェザーがトヨタを襲った。

 ライバルたちに先行する陣営は、この雨での予定外のピットインを嫌いコース上にステイアウトすることを選択するも雨脚は弱まらず。7号車をドライブする可夢偉と8号車のハートレーは大幅なペースダウンを余儀なくされてしまう。ウエットタイヤへの交換のためピットに戻った2台は、再度3号車レベリオンの後塵を拝することとなった。

 レース折り返しを過ぎ、2度目のセーフティカーランからリスタートとなった直後、可夢偉とハートレーはライバルを交わてトップ2に返り咲く。その後、2台のTS050ハイブリッドは順位を入れ替えながら、7号車がトップの状態でアンカーのロペスにバトンタッチ。8号車もハートレーから一貴にバトンを渡していく。

 最後の1時間は首位を行くロペスと2番手の一貴がテール・トゥ・ノーズの接戦となったが、最後は7号車がトップチェッカーを受け開幕戦のウイナーに。8号車は1.9秒差の2位となり、トヨタはTS050ハイブリッドで戦ラストシーズンのオープニングレースでワン・ツー・フィニッシュを飾った。

「新しいシーズンに、最高のスタートが切れました。天候が急変した難しいレースでワン・ツー・フィニッシュを飾ることができ、ファンの皆さまには楽しんでもらえたかと思います」と語るのはTOYOTA GAZOO Racingの村田久武チーム代表。

「チームは素早いタイヤ交換でライバルたちに対してタイムを稼ぎ、ドライバーたちは難しいコンディションでも冷静でした」

■「トップを守りきってチェッカーを受けることができて本当にうれしい」とロペス

8号車トヨタとレベリオン・レーシングの1号車、3号車R13・ギブソン
8号車トヨタとレベリオン・レーシングの1号車、3号車R13・ギブソン
TOYOTA GAZOO RacingのトヨタTS050ハイブリッド
TOYOTA GAZOO RacingのトヨタTS050ハイブリッド

「今シーズンは事前の予想どおり、LMP1のライバルたちと非常に接戦となっています。“サクセス・ハンディキャップ”が初めて導入される次戦の富士ではさらなる激戦が期待されます」

「ファンの皆さまには、今後激しさを増すLMP1のレースを、シーズンをとおして、ますます楽しんでいただければと思います」

 村田代表の言葉にもあるように、今戦で好成績を収めたトヨタの2台は次戦富士でライバルに対してハンデを負う。また、優勝した7号車は、8号車に比べてより重いハンデが課されることになる。

 その7号車をドライブした可夢偉は「完璧なシーズンスタートを切ることができた」と語り、「8号車とは、接近戦ながらフェアなバトルができましたし、チーム全員が素晴らしい仕事をしてくれました」とレースを振り返っている。

 TOYOTA GAZOO Racingドライバー6名のレース後コメントは以下のとおりだ。

●小林可夢偉(7号車)

「この結果は本当にうれしいです。完璧なシーズンスタートを切ることができました。僕自身のスティントは雨に見舞われたため大変でした」

「降雨の時間は短いのではないかと考えてスリックタイヤのまま走り続けましたが、予想以上に雨は激しく、かつ長く降ることとなり、ピットインせざるを得ませんでした」

「8号車とは、接近戦ながらフェアなバトルができましたし、チーム全員が素晴らしい仕事をしてくれました。この週末を通してTS050ハイブリッドは最高の仕上がりでしたし、ペースも良かったので、次戦富士が楽しみです」

●マイク・コンウェイ(7号車)

「母国レースで勝つことができ、最高の気分だ! これまでずっと、このレースでの勝利を目指してきましたがなかなか達成できず、本当に長い時間がかかったよ」

「変わりやすいコンディションのなかでも着実に走り切ってくれたチームメイトに本当に感謝している。我々の7号車は、レース中ずっと8号車の追撃を受けていた。つねに接近戦を繰り広げていただけに、ようやく得られたこの勝利は格別だね」

「特に金曜日にモノコックの交換をすることになりながらも、この最高のクルマを用意してくれたチームに感謝している。今日の勝利は彼らのものだ」

●ホセ・マリア・ロペス(7号車)

「チームにとって最高のシーズンスタートになった。チームメイトやLMP1クラスのライバルと接戦を繰り広げることとなり、とてもタフなレースだったよ」

「コンディションがめまぐるしく変わるなか、マイクと可夢偉が素晴らしい走りで僕に繋いでくれたので、あとは最後、一貴とのバトルでそれを守り切るだけだけだった」

「シルバーストンはマイクのホームレースということもあって特別なレースだし、そこでトップを守りきってチェッカーを受けることができて本当にうれしいんだ!」

■ハートレー「濡れた路面をスリックタイヤで、かつワイパーなしで走ったことは興味深かった」

シルバーストンで優勝したTOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド
シルバーストンで優勝したTOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド
シーズン8開幕戦シルバーストンのポディウムにふたつの日の丸を掲げたTOYOTA GAZOO Racing
シーズン8開幕戦シルバーストンのポディウムにふたつの日の丸を掲げたTOYOTA GAZOO Racing

●中嶋一貴(8号車)

「チームの全員、特に優勝した7号車のクルー、おめでとうございます」

「とても難しいコンディションのなか、本当に良いレースをしたブレンドンと可夢偉は称賛に値します。彼らの走りはとても素晴らしかったです」

「我々8号車のレースペースも良かったのですが、残念ながら自分の最初のスティントで少しタイムロスしました。開幕戦が終わった今、富士でのホームレースを楽しみにしていますし、表彰台の中央にまた上ることを目指します」

●セバスチャン・ブエミ(8号車)

「ワン・ツー・フィニッシュという、チームにとって完璧な結果となった。僕自身、もちろんいつも優勝を目指しているし、ブレンドンのTS050ハイブリッドデビュー戦としての走りもとてもよかったと思う」

「4時間のレース中はミスもなく、7号車とは本当に僅差だった。7号車のクルー、優勝おめでとう! 僕たちの8号車は少しだけ遅れたけれど、良いペースで走行していたので、次戦の富士が楽しみだよ」

●ブレンドン・ハートレー(8号車)

「今日はTOYOTA GAZOO Racingにとって素晴らしいレースとなったね。 ピットストップも迅速で、クルマの状態も良く、どのドライバーもミスをしなかった」

「優勝できず少し残念だけど、表彰台の一番上に上がれるのは1台だけ。トヨタでの初戦を、一貴、セバスチャンとチーム一体となり戦えたことには満足しているよ」

「ウエットコンディションとなった最初のスティントでは、濡れた路面をスリックタイヤで、かつワイパーなしで走ったことは興味深かったし、今日の自分のパフォーマンスには充分に満足しているんだ」

ブリティッシュウェザーに見舞われたレース中盤、トヨタはライバルに先行を許した。
ブリティッシュウェザーに見舞われたレース中盤、トヨタはライバルに先行を許した。
ワン・ツー・フィニッシュを飾ったTOYOTA GAZOO RacingのトヨタTS050ハイブリッド
ワン・ツー・フィニッシュを飾ったTOYOTA GAZOO RacingのトヨタTS050ハイブリッド
2位となった8号車組の中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー、セバスチャン・ブエミ
2位となった8号車組の中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー、セバスチャン・ブエミ