7シーター小型SUV「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC」デビュー!

7シーター小型SUV「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC」デビュー!

Mercedes-AMG GLB 35 4MATIC

メルセデスAMG GLB 35 4マティック

0-100km/h加速5.2秒を誇る小型SUV

メルセデス・ベンツの高性能車に特化したサブブランド「メルセデスAMG」は、新たなファミリーとして投入したばかりの“35シリーズ”に、3列シートも選べる「GLB 35 4MATIC」を加えた。小型SUVながら306hp/400Nmを発揮する。

これまでメルセデスAMGのエントリーモデルといえば「45」だったが、2代目CLAから新たに「35シリーズ」を加わえることで、さらなる顧客の獲得を狙いリーズナブルなプライスタグで手に入れられるAMGを用意している。

メルセデスAMG_35_4MATIC_走りイメージ2

欧州で年内にデリバリーを予定している新型コンパクトSUV、GLB 35 4MATICは、同じ2リッター直列4気筒ガソリンターボユニットを積む「250 4MATIC」よりも出力を82hp、トルクは50Nmも高めている。306hpという最高出力は5800〜6100rpmで、最大トルクの400Nmは3000〜4000rpmで発揮。これを8速AMGスピードシフト DCTと4MATIC(4WDシステム)を介して、0-100km/h加速5.2秒を実現する。

「GLB 35 4MATICで我々は製品のポートフォリオをさらに拡大しました。多様性を重視するアクティブな顧客の皆様にとって、大変魅力的なモデルが加わったといえるでしょう。7シーターも選べる新しいコンパクトSUVはAMGの遺伝子を受け継ぎ、このセグメントで“ドライビング・パフォーマンス”というブランドの約束をきちんと守っています」と、メルセデスAMG GmbHのトビアス・ムアースCEOは語る。

メルセデスAMG_35_4MATIC_コクピットイメージ

ローンチコントロールも標準装備

GLB 35 4MATICは、RACE STARTも標準で搭載している。最大限のトラクションと加速を得るべくエンジンの回転数とシフトポイントを最適化するローンチコントロール機能だ。

走行モードは5種類で、路面状況の優れない場所で用いるスリッパリー、快適性重視のコンフォート、自動アイドリングストップ機能がOFFになるスポーツとスポーツ+、エンジンやスロットル制御を個別に設定できるインディビジュアルから選択可能。

それぞれのモードで、ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)を制御するAMG DYNAMICSのセッティングもベーシックとアドバンスに変化する。スリッパリーとコンフォートの場合は安定したハンドリングを最大限確保するベーシックに、スポーツの場合はニュートラルでバランスのよいドライビングを実現するアドバンスドが選ばれる。

メルセデスAMG_35_4MATIC_走りイメージ5

全輪駆動の4MATICシステムは、電動油圧制御のマルチディスククラッチを用い、前後のトルク配分を100:0から50:50までの間で変化させる。前後トルク配分は加速度だけでなく、ステアリングアングルや各タイヤの回転差、使用ギヤなどを検知したうえで適切に行う。

AMGサスペンションはロールを抑え、高いコーナリングスピードを保てるようチューニングされた。フロント側はステアリングナックルやコントロールアーム、リヤ側のサブブレームやハブキャリアなど、大幅な見直しを図っている。同時に、長距離ドライブでの快適性も重視して注意深くセッティングを行ったという。電子制御式可変式ダンパーを採用したAMG RIDE CONTROLをオプションで選ぶことも可能だ。

メルセデスAMG_35_4MATIC_走りイメージリア2

ひと目でわかるパナメリカーナグリル

シルバー塗装のキャリバーを装着したAMGハイパフォーマンス・ブレーキシステムは、高負荷時でも確かな耐フェード性を確保する。フロントは4ピストン対向キャリパーに350×34mmを、リヤはフローティングタイプで330×22mmディスクを組み合わせる。

エクステリアで目を惹くのは、35シリーズとしては初めて採用した“パナメリカーナグリル”。インテリアには合成皮革ARTICOと人工スウェードDINAMICAのコンビネーションシートや赤いシートベルトが特徴。メーターディスプレイはAMG専用のデザインを3種類のスタイルから選ぶことができる。

車両価格や日本での発売、デリバリー時期は未定。