WEC:小林可夢偉「クルマを修復してくれたチームに感謝」。トヨタ、シャシー交換後の7号車が3年連続ポール獲得

 8月31日、イギリス・シルバーストンでWEC世界耐久選手権2019/2020年シーズン開幕戦シルバーストンの公式予選が行われ、2台の新型トヨタTS050ハイブリッドでタイトル防衛に挑むTOYOTA GAZOO Racingはマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペス組7号車とセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー組8号車が予選1、2番手を獲得。決勝グリッドのフロントロウを独占した。
 
 現地時間12時過ぎにスタートした予選では、まず2017年シーズンから2年連続でポールポジションを獲得している7号車のコンウェイがアタックに入り、その時点でのトップタイムとなる1分36秒038をマークする。
 
 コンウェイのピットイン後、今度は可夢偉がマシンに乗り込み計測へ。ル・マンの最速タイム保持者である可夢偉は、ワンアタックで1分35秒992というシルバーストンの新レコードタイムを記録。コンウェイとの平均ラップを1分36秒015とし、7号車組にとってシルバーストンで3シーズン連続となるポールポジションを獲得してみせた。

「ポールポジションを獲得でき、とてもうれしいよ。満足のいくアタックラップだったが、13コーナーで僅かにタイムをロスしてしまった」と予選を振り返るのは、母国ラウンドで見事ポールシッターとなったコンウェイ。

「しかしながら、ポールポジション獲得には充分なタイムだったよ。(ライバルの)レベリオンがどこまで迫ってきているのか分からなかったが、彼らは特にセクター2と3で速く、明日の決勝レースは接戦になるだろう」

「新たなコースレコードを記録した可夢偉と、夜を徹してまったく新しい車両へ仕上げてくれたチームには明日の決勝レースで報いたいと思う」

 コンウェイのコメントにもあるように、7号車は練習走行日から予選日にかけてモノコックの交換が行われている。これは30日に行われたフリープラクティス2回目の終盤、7号車トヨタTS050ハイブリッドがモノコックにダメージを負ってしまったことが原因。そのため、チームは夜通しでシャシーの交換作業を余儀なくされていたのだ。

「まず夜を徹したハードワークで車両を修復してくれたチームに感謝します」とは可夢偉の言葉だ。

「昨日の公式練習2回目でわずかな接触があり、それ自体は大きなダメージではなかったのですが、縁石を乗り越える際に車体にダメージを負ってしまいました。昨晩のチームの素晴らしい仕事に、本当に感謝しています」

「予選ラップはとても上手く走れ、パフォーマンスを最大限に引き出すことができました。クルマの感触は本当に素晴らしく、ロングランのペースも良いので明日の決勝レースでも自信があります」

■中嶋一貴組8号車が2番手につけ、開幕戦で予選ワン・ツー

TOYOTA GAZOO Racingの新型トヨタTS050ハイブリッド
TOYOTA GAZOO Racingの新型トヨタTS050ハイブリッド
7号車トヨタTS050ハイブリッドに乗り込む小林可夢偉
7号車トヨタTS050ハイブリッドに乗り込む小林可夢偉
7号車トヨタはFP2終盤、縁石をまたいだ際にモノコックを損傷。予選日に向けて徹夜で修復作業が行われた。
7号車トヨタはFP2終盤、縁石をまたいだ際にモノコックを損傷。予選日に向けて徹夜で修復作業が行われた。

 ハートレーを新たなドライバーラインアップに迎えた8号車では、一貴が前半のアタッカーを担当。1回目の計測タイムはレベリオン・レーシングの1号車R13を駆るブルーノ・セナに上回られたものの、2度目のアタックでこれを逆転し暫定2番手でブエミに交代していく。
 
 マシンを受け継いだブエミもライバルを上回るタイムを記録。ふたりのドライバーの平均ラップを1分36秒315とし、7号車から0.300秒差の2番手となった。
 
 その8号車の後方、総合3番手につけたレベリオンの1号車R13は、ポールポジションを獲得した7号車から0.545秒遅れとなっており、トヨタTS050ハイブリッドと2秒以上の差があった昨シーズンと比較して、その差が大きく縮まっているのが分かる。

「チームにとって良い予選でした。非常に良いラップタイムを刻んだ7号車のクルーにはおめでとうと言いたいです」と一貴。

「明日の決勝に向け、走行データから足りない点を分析し、改善します」

「今日の予選が早い時間から始まったので、明日の決勝レースまで24時間近くあります。勝利を目指し、できる限りの準備をしていきます」

 また、ブエミもチームのフロントロウ独占を喜ぶ。

「チームとして予選ワン・ツーという結果になって良かった! また、ポールポジションを獲得した7号車を祝福するよ」

「自分のアタックには満足しているけど、7号車はさらに速かったね。今は気持ちを切り替え、明日のレースでは7号車と、さらに速さを増したレベリオンとの戦いに集中していく」

 トヨタにおいてはルーキーであるハートレーは今回、予選には参加せず。しかし、9月1日に行われる決勝レースでは、8号車トヨタTS050ハイブリッドに乗り込み“デビュー戦”に臨む予定だ。その決勝は1日正午(日本時間20時)にスタートが切られ、WEC“シーズン8”が開幕する。

8号車トヨタTS050ハイブリッド。中嶋一貴からセバスチャン・ブエミにドライバー交代
8号車トヨタTS050ハイブリッド。中嶋一貴からセバスチャン・ブエミにドライバー交代
TOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド
TOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド
8号車をシェアする(左から)ブレンドン・ハートレー、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴
8号車をシェアする(左から)ブレンドン・ハートレー、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴