「1.6トンの車重を忘れさせる670馬力の破壊力!」サーキットも楽しめる旋回性能重視のフルチューンZ32!

「1.6トンの車重を忘れさせる670馬力の破壊力!」サーキットも楽しめる旋回性能重視のフルチューンZ32!

VG30DETT改3.1L+GT2530ツインターボで670馬力!

77.8キロの高トルクが1.6トンの車重を忘れさせる!!

「軽量化ナシでどこまでサーキットやドリフトを楽しめるクルマに仕上げられるか?」というテーマで開発されたペントルーフのZ32。車重は1.6トンを超えるものの、それに負けない実測668.8ps/77.8kgmという強烈なエンジンパワーを持つチューンドだ。

そもそもZ32に搭載されるVG30は、サーキット走行をするとヘッド内のオイルが偏ってしまい、ブローバイに大量のオイルが混じってしまうという弱点がある。そのまま走ればブローバイとともに出てきたオイルがサクションパイプに戻され、吸入空気と一緒にエンジンに入り白煙モクモクという状態に…。この弱点を克服することが、VG30サーキットチューンの第一歩。ペントルーフは、ブローバイキャッチタンクを設けてオイルとガスを分離した後、オイルのみをオイルパンに戻す加工を施して対策を敢行。

このファーストステップを行った後は、シリンダーのボア径を2mm拡大し、3097ccへと排気量アップ。クランクのフルバランス取りや、東名パワードのラッシュキラーとハイカムを使用し、高回転までまわる大排気量のベースエンジンを完成させた。圧縮比は8.5に設定している。

このエンジンに組み合わせるタービンは、HKSのGT2530ツイン。排気量3000ccオーバーのチューンドエンジンに、GT2530の組み合わせによる中回転域のトルクや高回転域のピークパワーは想像以上。扱いやすさと強烈な加速Gを体感できるパワーを手に入れているのだ。

サスペンションは、テインの車高調をベースに減衰力をリセッティングし、チューニングパーツ装着時の重量増に対応する。ブレーキはオリジナルのブレンボキャリパーキットを装着し、約1.6トンの重量にも負けないストッピングパワーを確保。デフはファイナルギヤの選択肢を広げるためにR200を換装して、東名パワードのLSDをセット。現在はトルク特性とマッチングが良い4.1ファイナルを組んでいる。

また、Z32でサーキットを走るために欠かせないのがアライメントの調整。特に前後のキャンバーはクルマの動きを大きく変えるため、調整式のアッパーアームの装着は必須項目。フロントに2度半以上、リヤに2度以上のネガティブキャンバーを付けることで旋回性能を高めている。

外装は、熱対策のために無数のダクトが設けられたペントルーフのオリジナルフルエアロで武装。タイヤはアドバン048(255/40-17)のMコンパウンド、ホイールはボルクレーシングTE37だ。

室内は街乗りを犠牲にしないことをコンセプトにしているため、エアコンやオーディオなどの快適装備も撤去されていない。

ロールケージはリヤ4点+サイドバーの構成で、乗降時の邪魔にならない作りが特徴だ。また、燃料の片寄りによる燃圧ドロップを防止するコレクタータンクは、燃料タンク内に設置。燃料ポンプもF-CON Vプロで電圧制御し、アイドリング時の作動音を小さくするなど街乗りを快適にする小技も効かせている。

この仕様で、筑波サーキット1分3秒431をアッサリとマーク。街乗りも快適で、その気になればGT-Rにも負けない加速力を発揮するZ32。まさにZ32チューンドのひとつの究極系だ。

●取材協力:ペントルーフ 東京都大田区大森東2-28-2 TEL:03-5493-0840