テントサイトにもマッチ! 伝統のアメリカン路線にワイルドさをプラスしたホイール|RAYS TEAM DAYTONA MRX.J

クラス最深の深リムと豪華な意匠で魅了せよ


ブラック/フルダイヤモンドカット(DK)

セミグロスブラック/リムダイヤモンドカット(BJ)

ダートの薫りを色濃くまとい、型にハマらない革新的なデザインモデルを次々と送り出すオフロード系ブランド、チームデイトナ。ジャパンメイドで、しかもすべてを車種専用設計で開発するのがそのこだわりで、もちろんジムニー用も、専用だ。

ジムニー専用設計だからこそ実現できた圧巻のフォルム

チームデイトナがジムニー専用で設計したMRX・Jは、伝統的なアメリカンスタイルを踏襲しつつ、デイトナらしいダートの薫りでワイルドさをプラスしたモデル。人気のMRXがベースデザインではあるものの、デイトナ初となるフランジアンダーカット処理を採用したビードロック風リングを実現するなど、ジムニーのための特別な味付けが随所に施されるのが魅力だ。
このリムフランジのアンダーカット処理は、USラグジュアリー系では定番なビードロックをフィーチャーしたものだが、そこにピアスホールとチームデイトナのロゴを飾ることで、まるで別体パーツを取り付けているかのように見せているのが個性的。リム外周がダイヤモンドカット仕上げとなることで、タイヤとの境界線も映え、フェイスがより大きく見えるのも好感だ。
メカニカルなセンターパートも、ピアスボルトで留めた別体パーツのような装いとなるのが印象的。クラス最深レベルとなる72㎜という圧巻のディープリムも刺激たっぷりで、いかにもオフローダーといったハイインパクトな装いを実現できるのもポイントだ。
ちなみにインセットは、現代のタイヤサイズ、バリエーションとのマッチング性に考慮し、22㎜という設定を新たに追加。ブラック、セミグロスブラックという趣の異なる2カラーを設定するなど、理想の足元を存分に追求するための準備も、まさに万全である。

ダートの匂いにこだわって開発されるチームデイトナは、ヘビーデューティーなクロカン仕様では特に効果的。ワイルド系なタイヤとも好相性。


8組のツインスポークを放射状に並べた、シンプルながらも力感バツグンのスポークレイアウトを採用。立体感たっぷりな造形もイマドキ。

量感たっぷりなセンターパートも、ピアスボルトでプレートを打ち付けたかのような別体感あふれるフィニッシュ。専用設計ならではの激深リムも大きな武器。

フランジアンダーカット処理によって実現した、デイトナ初のビードロック風リング。ピアスホールも効果的で、別体パーツ感にあふれる。

SPECIFICATION
SIZE  INSET  HOLE  P.C.D  PRICE
16×5.5J 0/22 5 139.7 3万4000円(税別)
カラー ブラック/フルダイヤモンドカット(DK)、セミグロスブラック/リムダイヤモンドカット(BJ)

ハイパーレブ vol.235 スズキ・ジムニー No.5  2019年5月31日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]