F1ベルギーGP金曜時点で14台がパワーユニット交換、6台のペナルティが確定

 2019年F1第13戦ベルギーGP金曜時点で、14台のマシンがパワーユニット(PU/エンジン)のエレメント交換を行い、6台がグリッド降格ペナルティを受けることが決定している。

 ベルギーの週末直前に、ホンダとメルセデスがパワーユニットのアップグレードを行うことを明らかにした。金曜にはルノーもアップグレード版を入れることを明かし、「信頼性とパフォーマンスに関する小さなアップグレード」がなされたものだと述べている。

 金曜のFIA発表によると、初日に新エレメントを入れたのは、メルセデスパワーユニット系ではワークスチームのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス、レーシングポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロール、ウイリアムズのジョージ・ラッセルとロバート・クビサの全6台。このうちペナルティを受けるのはランス・ストロールのみで、4エレメントが基数制限外の交換となり、グリッド後方への降格ペナルティを言い渡された。

 ルノー搭載車は、ワークスのダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグ、マクラーレンのカルロス・サインツJr.が新エレメントを入れており、3人ともICE(エンジン)の交換により5グリッド降格が決定している。

 今回ホンダは新しいスペック4のパワーユニットをレッドブルのアレクサンダー・アルボンとトロロッソのダニール・クビアトのマシンに投入。前戦までガスリーが乗っていたレッドブルRB15・ホンダを引き継いだアルボンは、ICE、ターボチャージャー、MGU-Hは4基目、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクスは3基目を投入、グリッド後方からのスタートが求められている。

2019年F1第13戦ベルギーGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第13戦ベルギーGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

 クビアトに関しては、ICE、ターボチャージャー、MGU-Hは5基目、MGU-Kは4基目を投入、同様にグリッド後方スタートのペナルティを科された。クビアトはギヤボックス交換も行っている。

 フェラーリ搭載車のハースのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセン、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィもエレメント交換を行ったが、基数制限内の交換のため、ペナルティ対象にはならない。