家に原付バイク(125cc以下含む)があるならファミリーバイク特約を検討しよう!【保険/車検のミニ知識】

■原付バイクに便利なファミリーバイク特約って?

普段の足として、125ccのバイクを購入した際、バイク保険に新規加入していませんか? クルマの任意保険契約があれば、ファミリーバイク特約でバイク保険がカバーできるかもしれません。今回は、意外と知られていない自動車保険の「ファミリーバイク特約」について、元自動車ディーラー営業マンが、解説していきます。

HONDA・モンキー
クルマとバイク、両方乗る方、必読です!

●ファミリーバイクって何?

ファミリーバイクとは、原動機付自転車の事を指し、一般的な原付のイメージである50ccバイクだけでなく、125cc以下のバイク全般を含みます。ただし側車付き二輪車は除きます。自己所有の原付バイクはもちろん、借りた原付バイクに乗っているときの事故にも対応してくれます。原付バイクに乗る機会があるのであれば、是非とも付保しておきたい特約です。

●補償の範囲は?

自動車保険に付保されるファミリーバイク特約ですが、補償される範囲は、メインの保険の年齢条件や運転者条件に左右されません。記名被保険者とその家族であれば、しっかりと事故の補償をしてくれます。この場合の家族とは、同居の親族と別居の未婚の子までを含みます。つまり、同居していれば、両親や配偶者、子供や子供の配偶者も含まれ、非常に広い範囲をカバーしてくれます。

実際の補償には、2種類のタイプを用意している保険会社が多く、原付バイク事故の際の、対人・対物補償をメインとした自損傷害タイプと、対人・対物プラス事故時の自分の怪我の補償までを含めた人身傷害タイプが用意されています。

自損傷害タイプの場合、年間保険料は5,000円~10,000円程度の加算となり、人身傷害タイプの場合は15,000円~25,000円程度の加算となります。元となる自動車保険の保険料によって、特約を付けた際の加算保険料は異なりますが、毎月ワンコインの500円程度の負担で、原付バイク運転時の補償を受けられるのであれば、バイク保険よりも、かなり割安となります。

HONDA・スーパーカブ
別途に入るよりも特約がお得!

●事故を起こしても等級が下がらない

ファミリーバイク特約の最大のメリットは、事故を起こして保険金請求をしても、主契約の等級が下がらない点です。特約となっているので、等級の概念がそもそもありません。通常であれば、事故で保険請求をすれば、1ないし3等級のダウンとなり、1年間保険請求がなければ、1等級アップします。ファミリーバイク特約は、「特約」なので事故の際にはノーカウント事故として扱われ、無事故の場合でも等級に変化はありません。常に一定の保険料で加入し続けられるのが、ファミリーバイク特約の特徴になります。主契約の自動車保険が割引率の大きな等級になっていればいるほど、お得に加入できるサービスです。

●バイク保険の方が安い場合も

保険料がお得なのがファミリーバイク特約の特徴とお話ししましたが、バイク保険と比べて必ずしも安くなるというわけではありません。自損傷害タイプの場合には保険料は安いですが、通常のバイク保険の補償内容とは異なります。一般的なバイク保険と同様の補償内容で考えると、人身傷害タイプで比べる必要があります。

主契約のクルマの保険の等級が進んでおらず、割引率が低い状態や、クルマの事故で等級がダウンしていたり、事故あり係数適用期間に入っている場合には、バイク保険に単独加入した場合よりも、保険料が高くなる可能性があります。また、長期間バイクを保有し、バイク保険の等級が進んでいく場合では、保険料が一定のファミリーバイク特約と比べて、バイク保険の割引率が大きくなるというケースもあります。現在の自動車保険の状態にもよりますので、バイクを保有する期間が長くなる場合には、一度、保険代理店に相談してみるといいでしょう。

HONDA・モンキー2
が、一概にファミリー特約が安くなる…というワケではありませんので要注意です。

●まとめ

あまり知られていないファミリーバイク特約について解説してきました。原付バイク保有ユーザーには、特に同居家族全体に補償範囲が広がっているので、自分が原付に乗らない場合でも、家に原付バイクがある場合には積極的に加入を検討していきましょう。

(文:佐々木 亘)