ボッタス3番手「フェラーリに対抗するため、ダウンフォースレベルを見直す必要があるかも」:メルセデス F1ベルギーGP

 2019年F1ベルギーGPの金曜、メルセデスのバルテリ・ボッタスはフリー走行1=5番手/2=3番手だった。FP1ではミディアムタイヤで1分45秒882、FP2ではソフトで1分44秒969をマークした。

 ベルギーでメルセデスは新スペックのパワーユニットを投入、ボッタスのマシンには3基目のICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-Hが入れられた。これは基数制限内での交換のため、ペナルティ対象にはならない。

2019年F1第13戦ベルギーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2019年F1第13戦ベルギーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス フリー走行1=5番手/2=3番手
 また走ることができてうれしい。スパだからなおさらだ。今日は楽しく走ることができた。予定していたプログラムを実行し、少しずつタイムを削っていくことができた。だいたいいつもどおりの金曜日だったよ。

 ここではフェラーリとレッドブルが速いだろうと予想していた。実際、フェラーリは特にストレートで強かったね。

 今夜懸命に作業に励み、明日に向けてできる限りパフォーマンスを引き出す必要がある。FP1からFP2にかけて多少はゲインできたけど、ライバルと戦うためにはもっと大きく前進しなければならない。

(formula1.comに対して語り)フェラーリはストレートで速すぎて、まるで歯が立たない。僕らは主にストレートで差をつけられている。ダウンフォースレベルを見直す必要があるかもしれない。