ルクレール初日最速「メルセデスは絶対に上がってくる。エキサイティングなバトルになりそう」:フェラーリ F1ベルギーGP

 2019年F1ベルギーGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=2番手/2=1番手だった。FP1では1分44秒788、FP2では1分44秒123をソフトタイヤで記録した。

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール フリー走行1=2番手/2=1番手
 夏休み明けの初日は僕らにとってとてもいい一日になった。このサーキットが本当に大好きだから、走っていて楽しい。1周がかなり長く、あらゆる種類のコーナーがあり、すごくユニークな流れのレイアウトだ。

 フリープラクティスでいいポジションにつけられたものの、現実的になる必要がある。明日にはライバルたちが強さを発揮するはずだ。今日の予選シミュレーションでは速さを見せることができたが、ロングランペースを改善しなければならない。

 ストレートで速さがあると、日曜日にオーバーテイクできるチャンスがあると思うので、その点はポジティブだ。最近バトルがあるいいレースが続いているから、今回もエキサイティングな展開になればいいね。

(formula1.comから、決勝ではメルセデスが追いついてくると思うかと聞かれ)もちろんだよ! 絶対来るね! セクター2で彼らはものすごく速い。明日の予選の時点でエンジンの出力を上げるだろうから、セクター1で大きな差はつかないだろう。彼らは強敵だよ。

2019年F1第13戦ベルギーGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2019年F1第13戦ベルギーGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)