「S2000ユーザーに贈る最高級チタンエキゾーストシステム」ラインナップ拡大を続けるR1チタンブランドの躍進

「S2000ユーザーに贈る最高級チタンエキゾーストシステム」ラインナップ拡大を続けるR1チタンブランドの躍進

フルチタンの超軽量スポーツキャタライザーも開発

S2000にハイエンドのチタンエキゾーストを!

R1チタンエキゾーストを積極展開するアミューズ・コーポレーション。最近、問い合わせが急増しているというのが、S2000用のエキゾーストシステムだ。「昔はハイパワーで大音量、片側1本出しが定番でした。しかし時代の変化とともに、最近ではパワーを犠牲にせす音量は控えめのモデルを好む人が増えていますね」とは工藤代表。

そんなユーザーに向けて工藤代表がオススメするのが、保安基準適合の左右出しモデル「R1チタン エクストラW(25万8000円)」だ。レイアウトは、60Φ→サブタイコインナー60Φ→45Φ×2→砲弾サイレンサーインナー45Φ×2→テール100Φ×2。重量は純正23kgに対して6.9kgと、驚くほどの軽量化を達成している。

素材は純チタンではなく、R35GT-Rのために開発された高耐熱チタン合金STTI(Ti-Cu-Nb)を使用している点も注目だ。なお、テールエンドのヒートグラデーションは3パターンから選べる上、製品はすべて日本の職人によるハンドメイド。クオリティは間違いなく世界トップレベルだ。

そんな高性能マフラーと組み合わせたいのが、市場の声に応えるカタチで新たに生み出された「R1チタン70φスポーツキャタ(12万8000円)」。というもの、S2000の初期型は純正触媒のセル部が経年劣化で粉々に砕け、触媒としての機能を失っているケースが増えているのだ。最悪、O2センサーに触媒のカケラが詰まってセンサーを壊すこともあるため、早い段階で置換品にスイッチすることが望ましい。純正触媒を購入するくらいなら、確実に性能アップが望める方が良い…、そう考えるチューニングユーザーに向けて開発された製品なのである。

メインパイプは1.0mm厚の純チタン素材で、キャタライザー周辺は1.8mm厚の高耐熱チタン合金STTIを使用。セルには保安基準をクリアする浄化性能と、高い排気効率を実現したものを採用している。重量はわずか1.8キロと、超軽量モデルだ。

さらに、サーキット派のS2000ユーザーに向けて展開しているチタン触媒ストレートも、60φだけでなく新たに70φモデル(5万9800円)を開発。排気量アップや過給機チューンを行なったF20〜F22ユニットと相性抜群の逸品だ。

現在、アミューズ・コーポレーションでは、R1チタン製品購入者を対象とした「チタンナンバーボルト」プレゼントキャンペーンを実施中だ。愛車に最高級のエキゾーストチューンを施したいと考えているユーザーは、このタイミングを逃す手はないだろう。
 

●取材協力:アミューズ・コーポレーション TEL:018-857-0755