15台限定、外観をモノクロームで統一した『アルファロメオ・ステルヴィオ』が登場

 SUVの常識を覆す圧倒的な俊敏性と、高い操縦安定性を兼ね備えたブランド初の本格SUV『アルファロメオ・ステルヴィオ』に、“攻めるステルヴィオ”を掲げるアグレッシブなスタイルを纏った特別限定車『Stelvio 2.0 TURBO Q4 Monochrome Edition(ステルヴィオ 2.0 TURBO Q4 モノクロームエディション)』が登場。8月31日より15台限定で発売が開始される。

 FRスポーツサルーンの『ジュリア』と同様に、新世代アルファロメオを象徴する“ジョルジオ・アーキテクチャー”を採用した最新SUVは、その優れたハンドリングと動力性能により世界中で支持を集め、アルファロメオの新たな代表作としてヒットを続けている。

 その『アルファロメオ・ステルヴィオ』のラインアップで、2リッター直列4気筒直噴ターボ(280PS/400Nm)と4輪駆動システムを採用する2.0 TURBO Q4をベースとした今回の特別限定車は、高次元の走りと洗練されたデザインを専用エクステリアパーツにより魅力的に演出した1台となっている。

 その象徴となるエクステリアデザインでは、フロント周りにマットブラック仕上げのグリルを採用し、より精悍な面立ちとしたほか、エクステリアミラーハウンジング、リアスキッドプレートもマットブラックの専用仕立てを採用。さらに足回りには20インチへとサイズを拡大したマットブラック・アルミホイールを装着するなど、一段とスポーティな佇まいが強調された。

 さらにインテリアでは、ウッドパネルやプレミアムレザーシート、8ウェイパワーシートを標準装備し、ボディカラーにはブルカノブラックメタリック、ストロンボリグレーメタリック、アルファホワイトの3色が設定される。

 これら数々の装備を採用するにもかかわらず、『アルファロメオ・ステルヴィオ 2.0 TURBO Q4 モノクロームエディション』の価格は、ベースモデルからの上昇を抑えた646万円となっている。

足回りには20インチへとサイズを拡大したマットブラック・アルミホイールを装着
マットブラック仕上げのグリルを採用し、より精悍な面立ちとした
リアスキッドプレートもマットブラックの専用仕立てを採用する

公式サイト:: https://www.alfaromeo-jp.com/models/stelvio/limited/stelvio-monochrome-edition/