F1経験者で北米ラリークロス界のスター、スコット・スピードがジャンプの着地で脊椎損傷

 かつてはレッドブルの育成候補生として活躍し、F1にも同チームやスクーデリア・トロロッソから参戦したスコット・スピードが、アメリカ・ユタ州で開催されたラリークロス・イベント参戦中にアクシデントに見舞われた。彼のスバルWRX STI VT19x スーパーカーはジャンプからの着地でハードランディングし、その衝撃でスピードは背骨を骨折する重傷を負っている。

 F1でのキャリアを経てアメリカへと戻ったスピードは、その後NASCARに参戦。その後は主戦場をラリークロスに求め、2015年からはレッドブルがタイトルスポンサーを務めたGRCグローバル・ラリークロスを3連覇。さらに2018年から創設されたARXアメリカズ・ラリークロスでも初代王者に輝くなど、このストリーミングとの親和性が高いラリー競技で才能を開花させてきた。

 そのタイトルを提げ、2019年シーズンは長年所属したフォルクスワーゲン・アンドレッティ・ラリークロスを離れ、スバル・ラリーチームUSAへと移籍。VWビートルからスバルWRXへとドライブするマシンをスイッチしていた。

 そのスピードは、8月17~19日のスケジュールで開催された“ニトロ・ゲームズ”にエントリーし、金曜の予選ヒートに臨んでいたが、アクシデント直後に発表されたスバル・モータースポーツからの声明によれば、「残念ながら、スコット・スピードは最初の予選ヒートでのジャンプによるハードランディング後、背中に怪我を負いました。彼はなんとかヒートを走り終えましたが、マシンから降りることができず、メディカルチェックのため地元の救急病院へと搬送されました。残るイベントへの出走は取り止めます」と、事態の深刻さが記されていた。

 その後、精密検査を受けたスピードは、自身のSNSなどを通じて自らの状況を次のように報告している。

2019年シーズンからスコット・スピードがステアリングを握るスバルWRX STI VT19x スーパーカー
2019年シーズンも、ARX開幕戦で勝利を飾るなど、北米を代表するラリークロス・ドライバーとして活躍してきた

「心配してくれたすべての皆さんへ、状況報告が遅くなってしまい申し訳ない。Q1で激しい衝撃を伴う着地をした際、背中を痛めてしまった。すぐに地元の病院で検査を受けたけど、CTスキャンによりT6(脊椎骨・第6胸椎)を損傷していることが確認できた……。その後すぐに、脊椎専門医のいるユタ州の大学病院に搬送された」と状況を綴ったスピード。

「そこでは午前3時までMRI検査を続けて、最終的に3つの椎骨が圧迫骨折していることも判明した。今は、担当医が今後の“ゲームプラン”を提案してくれるのを待っているところだ」

「昨晩は僕が記憶している中で最も恐ろしく、痛みを伴う夜になった。とても暗い場所だったよ」

「でも、僕と一緒に時間を過ごしてくれたすべての人に感謝している。僕ひとりでその状況を乗り越えることはできなかったと思う。友人、いとこ、家族、そして両親にも感謝を捧げたい。彼らはすぐに僕のもとに駆けつけて、そばにいてくれた。励ましのメッセージをくれたすべての人々にも、ありがとうを言わせてくれ」

 脊椎損傷の度合いを示すコードであるSpinal Cord Injury(SCI)によれば、第6胸椎T6の骨折は神経に影響を及ぼし、損傷のレベルに応じて体幹の筋肉(腹部および背部の筋肉)の動作に支障をきたす恐れがあるとされている。

 その他の影響として神経性麻痺も含まれるが、良いニュースとしてスピードは、現時点で正常な上半身の動きと、座った状態で体幹を制御しバランスを取る能力が維持されているという。

 この不幸なアクシデント以降、北米を中心に世界中のファンやモータースポーツ関係者、スピードの元所属チームなどからも、応援や支援のメッセージが寄せられている。

チームメイトのクリス・アトキンソン、パトリック・サンデルともに「一刻も早い回復を願う」とコメントした
カリフォルニア出身で36歳のスコット・スピード。1日も早い回復を祈りたい