スピードはじゅうぶんの川畑選手 GRスープラ炸裂まであと一歩?【D1GP】

2019年ドリフト界最大の話題である、新型GRスープラの活躍。8月24、25日の週末にはD1GP第5戦と第6戦が行われ、Team TOYO TIRES DRIFT – 1の川畑選手が乗るTeam TOYO TIRES DRIFT GR Supraも出走しました。

7月に開催された前戦では、追走中にハンドルが固まるというトラブルに見舞われてしまった川畑選手のスープラ。その後ステアリングラックの取り付け位置を変更するなどの対策をして、エビスサーキットに乗り込んで来ました。ただ、練習走行では狙ったラインを通せない、勢いをつけて飛び込まないとリヤタイヤがグリップしすぎてしまうなどの問題もあったため、大型のものに変更してきたウイングをふたたび小型のものにもどすなど仕様変更をして第5戦の単走決勝に臨みました。

しかし、川畑選手はGRスープラのハンドルの作動に違和感をおぼえていました。単走決勝1本めは、エンジン制御の補正が入ってしまって本来のパワーが出せず、高得点は出せませんでしたが、2本めはエンジンも復調。1〜2コーナーの角度がいまひとつで上位進出はなりませんでしたが、96.81点で追走トーナメント進出を決めました。

ハンドルの動作に不安定なところがあり、思いきった走りができないまま臨んだ追走トーナメント。ベスト16では内海選手との対戦になりました。1本めは内海選手が先行。内海選手がストレートに飛び出したところで角度をつけすぎたこともあって、後追いの川畑選手は接近することができ、2ポイントのアドバンテージを獲得します。2本めは川畑選手が先行。川畑選手は審査席前で角度がつきすぎたような状態になり失速。止めきれなかった内海選手に追突されてしまいます。これは川畑選手の失速の減点が大きくとられ、ここで敗退となってしまいました。

第5戦の結果は15位でした。この第5戦と第6戦は土曜日と日曜日に続けて大会を行うデュアルファイナルズのため、内海選手との接触でダメージを負ったステアリングラックやナックルなどを交換して翌日の第6戦に備えます。

しかし、朝のチェック走行で、川畑選手はステアリング系にこれまで以上の大きな違和感を覚えました。そのままではクラッシュしてしまうのではないかというほどの違和感だったため、ぶっつけ本番になってしまうにもかかわらずアーム等の調整を行ってアライメントを変更しました。そして単走決勝に臨みます。

1本め、川畑選手は1〜2コーナー間の角度の安定性がいまひとつだったものの、最初の振り出しや最後の振り返しの鋭さで得点をかせぎ、97.25点をマーク。2本めは第2セクターで114.38km/hというトップクラスの最高速をマークしたいっぽうで通過指定ゾーンを外すなどして点は伸びず、9位で単走決勝を通過しました。

追走トーナメントでは畑中選手と対戦。1本めは畑中選手が先行です。川畑選手は畑中選手との距離を詰めていきましたが、第2コーナーでドリフトがもどり気味になり、畑中選手にアドバンテージをとられてしまいます。先行時には川畑選手もいい走りをしましたが、得点はイーブン。1本めの得点の差で畑中選手に敗れてしまいました。第6戦の結果は11位でした。

川畑選手は、「単走の本番前に足まわりの仕様変更をするのはすごいバクチだったんですけど、なんとかコントロールできる方向には向いたので、単走にかぎってはベスト16に残る走りができたんで、よかったと思います。最終戦に向けて、クルマもちょっと手直しできたらいいなと思うんですけど、ドライビングの面でももう少し対策が必要だな、と思います」と語ってくれました。GRスープラは、スピードの面では申し分ないものの、ステアリング系の不安が解消仕切れず、ドリフト中のコントロールがやや難しい状況のようです。しかし、そこさえ熟成されれば、追走でも強さを発揮してくれるでしょう。

なお、川畑選手のチームメイトである、Team TOYO TIRES DRIFT-1の藤野選手(180SX)は、第5戦、第6戦ともに単走優勝という活躍。追走では第5戦がベスト8敗退(5位)、第6戦が準決勝敗退(3位)で、ポイントランキングでも4位に浮上しています。

またTeam TOYO TIRES DRIFT-2のポン選手(86)は、第5戦がベスト16敗退(14位)、第6戦がベスト8敗退(7位)でした。

D1GP最終戦は11月3、4日。大分県オートポリスで開催されます。

(文:まめ蔵/写真:D1GP)