MotoGP:ミサノテストがスタート。ホンダのマルケスが2020年型RC213Vプロトタイプを走らせる

 8月29日、イタリアのミサノ(ミサノ-ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリ)でMotoGPクラスのオフィシャルテストが行われた。テストは2日間の日程で、初日はドライコンディションの下、現地時間午前9時30分から午後1時までのセッション1、午後2時から6時までのセッション2の2セッションでテストが行われた。

 初日はセッション1、セッション2ともにトップタイムを記録したファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が総合トップ。クアルタラロはサンマリノGPに向けたマシンセットアップを中心としたメニューに取り組み、セッション1で53周、セッション2で47周を回り、セッション2の23周目に1分32秒996のベストタイムを記録した。

ミサノテスト初日をトップで終えたファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)
ミサノテスト初日をトップで終えたファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)

 総合2番手に1分33秒019でフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が続き、ヤマハサテライトチームが初日ワン・ツー。モルビデリはサンマリノGPに向けたセットアップを進め、セッション1で45周、セッション2で40周を回り、セッション2の最終ラップでベストラップを記録。

 総合3番手に1分33秒222でマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)。マルケスは2020年型プロトタイプを含む4台のマシンでさまざまなテストメニューに取り組んでいた。セッション1では32周、セッション2では48周を回り、セッション2でベストラップを記録している。

 総合4番手に1分33秒247でマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、総合5番手に1分33秒296でバレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)とヤマハファクトリーのふたりが続いた。

 ヤマハはブルノテストで初登場した2020年型のプロトタイプの2仕様目が持ち込まれテスト。排気系のスペック変更、カーボンリアスイングアームなどのパーツも投入されビニャーレスはセッション1で49周、セッション2で44周を回った。ロッシはセッション1で27周、セッション2で41周を回り、セッション2の最終ラップでベストラップを記録した。

 総合6番手に1分33秒588でポル・エスパルガロ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)が続き、ドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピロ(ドゥカティ・チーム)はシャシーやエアロダクトのテストに取り組み、1分33秒650で総合7番手に。

シャシーやエアロダクトのテストに取り組んだドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピロ
シャシーやエアロダクトのテストに取り組んだドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピロ

 総合8番手に1分33秒690でヨハン・ザルコ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)が続き、ブルノテストでのケガから復帰したジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)が1分33秒763で総合9番手に。中上貴晶(ホンダ)が1分33秒777で総合10番手に続いた。中上はセッション1で34周、セッション2で41周を回り、セッション2の29周目にベストラップを記録。

 第12戦イギリスGPでクアルタラロに巻き込まれて転倒したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)はセッション2のみの走行となったが、37周を回り、ラストラップに記録した1分33秒854で総合13番手。初日は予定していたテストメニューには取り組まず、体とマシンの確認を行なった。

 イギリスGPのウイナー、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)はニューパーツのテストなどにも取り組み、セッション1で34周、セッション2で39周を回り、セッション2の19周目に記録した1分34秒003で総合15番手となった。

 水曜日にもミサノでプライベートテストを行なったステファン・ブラドル(HRCチーム)は1分34秒774で総合22番手。ダニ・ペドロサ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)はセッション2のみの走行で、1分34秒976で総合23番手。イギリスGPでケガから復帰したホルヘ・ロレンソ(ホンダ)は体調が万全ではなく、セッション1のみの走行となり、1分35秒722で総合24番手で初日を終えた。

 ミゲール・オリベイラ(KTM)はイギリスGPの転倒で負った肩の負傷の影響でセッション1で2周したに止まり、その後のテストをキャンセル。1分39秒792で総合25番手となった。

 MotoGPクラスのミサノテスト初日総合タイム結果は以下の通り。

■MotoGPミサノオフィシャルテスト初日 総合タイム結果

Pos. No. Rider Team Motorcycle Time In Session
1 20 F.クラルタラロ ペトロナス・ヤマハSRT ヤマハ 1’32.996 Session 2
2 21 F.モルビデリ ペトロナス・ヤマハSRT ヤマハ 1’33.019 Session 2
3 93 M.マルケス レプソル・ホンダ・チーム ホンダ 1’33.222 Session 2
4 12 M.ビニャーレス モンスターエナジー・ヤマハMotoGP ヤマハ 1’33.247 Session 2
5 46 V.ロッシ モンスターエナジー・ヤマハMotoGP ヤマハ 1’33.296 Session 2
6 44 P.エスパルガロ レッドブルKTMファクトリー・レーシング KTM 1’33.588 Session 2
7 51 M.ピロ ドゥカティ・テスト・チーム ドゥカティ 1’33.650 Session 1
8 5 J.ザルコ レッドブルKTMファクトリー・レーシング KTM 1’33.690 Session 2
9 36 J.ミル チーム・スズキ・エクスター スズキ 1’33.763 Session 2
10 30 中上貴晶 LCRホンダ・イデミツ ホンダ 1’33.777 Session 2
11 43 J.ミラー アルマ・プラマック・レーシング ドゥカティ 1’33.802 Session 2
12 41 A.エスパルガロ アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ アプリリア 1’33.842 Session 2
13 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ・チーム ドゥカティ 1’33.854 Session 2
14 63 F.バニャイア アルマ・プラマック・レーシング ドゥカティ 1’33.945 Session 2
15 42 A.リンス チーム・スズキ・エクスター スズキ 1’34.003 Session 1
16 53 T.ラバット レアーレ・アビンティア・レーシング ドゥカティ 1’34.242 Session 2
17 29 A.イアンノーネ アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ アプリリア 1’34.243 Session 2
18 9 D.ペトルッチ ドゥカティ・チーム ドゥカティ 1’34.274 Session 1
19 35 C.クラッチロー LCRホンダ・カストロール ホンダ 1’34.411 Session 2
20 55 H.シャーリン レッドブルKTMテック3 KTM 1’34.599 Session 2
21 17 K.アブラハム レアーレ・アビンティア・レーシング ドゥカティ 1’34.696 Session 1
22 6 S.ブラドル HRCチーム ホンダ 1’34.774 Session 2
23 26 D.ペドロサ レッドブルKTMファクトリー・レーシング KTM 1’34.976 Session 2
24 99 J.ロレンソ レプソル・ホンダ・チーム ホンダ 1’35.722 Session 1
25 88 M.オリベイラ レッドブルKTMテック3 KTM 1’39.792 Session 1