ティーザーサイトがオープン。人気のコンパクトミニバンのホンダ・フリードがマイナーチェンジ

●ホンダ センシングを全車標準装備。新グレード「CROSSTAR」も設定

ホンダは、2019年10月18日(金)にマイナーチェンジが予定されているコンパクトミニバンの「FREED(フリード)」「FREED+(フリードプラス)」に関する情報を、ホームページで先行公開しました。

ホンダ・フリード
ホンダ・フリードがマイナーチェンジで洗練された内・外装に。こちらは新グレードのクロスター

ホンダ・フリードは2008年に誕生。コンパクトなボディサイズと広い室内空間を備え、2016年のフルモデルチェンジでは、さらに広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現し、狭い住宅街などでも取り回しや駐車がしやすいのが美点です。5ナンバーサイズながら、居住性や使い勝手の良さを兼ね備えた「ちょうどいいクルマ」としてファミリー層をはじめ、幅広い層から支持されているモデルです。

ホンダ・フリード
新型ホンダ・フリード「クロスター」のフロントマスク

今回のマイナーモデルチェジでは、フロントグリルやバンパーなどのデザイン変更を行うことで、フリードの特徴である親しみやすさは維持しながら、より洗練されたデザインに進化。

ホンダ・フリード
新型フリードのインパネ

安全装備もアップデートされます。安全運転支援システムの「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車に標準化すると共に、新たに後方誤発進抑制機能が追加されています。さらに、クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが目を惹く新グレードの「CROSSTAR(クロスター)」も追加され、遊び心と力強さが表現されています。

(塚田勝弘)