初代ミニが現代に蘇る! デビッド・ブラウンが手がけた「ミニ リマスタード」にパフォーマンス仕様登場

初代ミニが現代に蘇る! デビッド・ブラウンが手がけた「ミニ リマスタード」にパフォーマンス仕様登場

Mini Remastered

ミニ リマスタード

ミニのデビュー60周年を記念して60台を限定生産

英国のコーチビルダー、デビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive)は、初代ミニを現代に蘇らせた「ミニ リマスタード」のパフォーマンス仕様を発表した。1959年8月にオリジナルのミニが発表されて以来60周年を迎えたことを記念し、60台のみが限定生産される。

デビッド・ブラウン・オートモーティブは、今回2枚のティーザー画像をリリース。クラシックカーのパフォーマンス向上のスペシャリストであるオセリ(Oselli)社とのパートナーシップで高性能仕様を開発。これまで同様に初代ミニを蘇らせたクラシックなエクステリアに最新の技術が組み合わせられ、装備やボディカラーなどはカスタマーの好みでオーダーメイドが可能。英国のクラフトマンシップのもと、1台ずつがハンドメイドで製造される。

エンジンは大幅にパフォーマンスアップ

今回発表されたミニ リマスタード パフォーマンス仕様は、オセリ社がチューンしたエンジンを搭載。さらに様々なパフォーマンスアップグレードが追加されているという。開発に協力したオセリ社は1960年に設立され、クラシックカーのパフォーマンアップやレストアを得意としているメーカー。経験豊富なスペシャリストを揃えており、初代ミニに搭載されていたAシリーズ直列4気筒エンジンの改良・チューンアップを得意としている。

ボディカラーは、デビッド・ブラウン・オートモーティブが今回のために用意した特別な限定色。ミニのレーシングヒストリーに敬意を表し、限定モデル購入者のためのオプションとしてカラーリングにマッチしたレーシングスーツやヘルメットも用意されている。

9月のグッドウッド・リバイバルで実車を披露

デビッド・ブラウン・オートモーティブの設立者であり、CEOを務めるデビッド・ブラウンは、今回の限定版ミニ リマスタードについて以下のように説明する。

「今回、オセリとの新しいパートナーシップを発表できることを心から嬉しく思います。私たちはカーデザインとエンジニアリングのスペシャリストであり、オセリはレーシングカーやヒストリックカーのパフォーマンスアップに関する豊富な経験をもっています。近日中に公開されるニューモデルは、パフォーマンスの高いクルマを求めるカスタマーにとって、ミニ リマスタードを所有する大きな理由になるでしょう」

実車が初披露となるのは、9月13〜15日に開催されるグッドウッド・リバイバル。会場では、ミニ リマスタード パフォーマンス仕様に加えて、同社が手がけるスポーツクーペ「スピードバック(Speedback)」も展示される予定だ。