プロパイロット2.0だけじゃない。新型スカイラインは魅力にあふれる【日産スカイライン試乗】

●「日産」スカイラインが復活。随所に磨きをかけ、大幅な進化を遂げる

2019年7月のマイナーチェンジによって、手放し運転が可能なプロパイロット2.0を採用したスカイラインですが、プロパイロット以外の部分も大きな進化を果たしました。

スカイライン 正面スタ言い
Vモーショングリルに日産エンブレムが装着されたフロントスタイル

乗り味も進化をしたのですが、それ以上にうれしいことが2つあります。ひとつはフロントに装着されるエンブレムがそれまでのインフィニティから日産エンブレムになってこと。もう一つは丸形テールランプの復活です。

小学生のころ、「ケンメリスカイライン」にあこがれていた世代にとって、この2つがなくなっていたのは、スカイラインがなくなっていたと同じ意味を持っていました。この2つが復活したことは、スカイラインが戻ってきたことと同じ意味を持ちます。

スカイライン 丸形テールランプ
スカイラインらしい丸形のテールランプ
ケンメリスカイライン
72年に発売されたケンメリスカイライン。4ドアはヨンメリとも呼ばれた (写真:日産自動車)
スカイライン 真後ろスタイリング
ハイデッキなリヤスタイル

今回試乗してまず第一に感じたのは、ステアリングフィールの改善。スカイラインは「ダイレクトアダプティブステアリング」の名で呼ばれるステア・バイ・ワイヤーを採用しています。これはステアリングホイール(ハンドル)と、ステアリング機構(タイヤを切る部分)を切り離して電子制御するものです。

採用当初はドライバーの操作と、クルマの動きにズレがあり違和感を感じたのですが、現在のものはそれをほとんど感じなくなっていました。操舵初期のレスポンスをよく、中低速の過敏さを抑えるセッティングとアナウンスされていますが、まさにそのセッティングが生かされている印象でした。

スカイライン インパネ
端正なレイアウトを採用するインパネ
スカイライン フロントシート
上級グレードのPとSPは革シートが標準装備

また、今回ピュアガソリンエンジンも変更を受けています。写真を撮影する時間は取れなかったのですが、試乗は叶いました。従来のピュアガソリンエンジンは、ダイムラー(ベンツ)製の2リットル直列4気筒ターボでしたが、新しく搭載されたエンジンは日産製の3リットルV6ツインターボとなりました。これによりスペックは211馬力/350Nmから304馬力/400Nmにアップしています。

スカイライン V6エンジン
日産製となったV6エンジン ツインターボ仕様となる(写真:日産自動車)

その効果は絶大です。従来型2リットルターボも低速からしっかりとトルクを出し、乗りやすいフィーリングでしたが、新しい3リットルターボは下からトルクがあり、それが高回転まで持続します。これはなかなかの気持ちよさと言えます。

スカイライン V6 スタイル
ピュアエンジンモデルのV6ターボ GTタイプP(写真:日産自動車)

従来のピュアガソリンエンジンモデルはステアリングが機械式で、そのフィーリングも気に入ってのですが、今回はステア・バイ・ワイヤーの性能がアップしたことも好印象となった要因のひとつでしょう。

スカイライン 前7/3スタイリング
スッキリしたスタイリングはスポーツセダンらしいもの
スカイライン エンブレム
日産エンブレムが装着されたグリル

(文/写真・諸星陽一)