ポルシェ「マカン ターボ」をパワーアップ! 440psを生む最速SUVがデビュー

ポルシェ「マカン ターボ」をパワーアップ! 440psを生む最速SUVがデビュー

Porsche Macan Turbo

ポルシェ マカン ターボ

排気量が3.6リッターから2.9リッターへ

ポルシェの屋台骨を支える人気モデル「マカン」のトップモデル「マカン ターボ」が新しくなった。

ボンネット下に収まるのは、大幅に設計の見直しを図った2.9リッターV型6気筒ツインターボ。先代より排気量を20%ダウンサイズしながらも、出力は40%向上。すでにカイエンとパナメーラで採用されているセンターターボレイアウトで、Vバンク内側に2基のターボチャージャーを置く。エキゾーストマニホールドはシリンダーヘッドと一体化。燃焼室とターボチャージャー間の排気経路を短縮し、高効率化を図っている。

ポルシェ_マカンターボ_2.9_0827_サイドイメージ

出力は先代の3.6リッター比で40psプラスの440ps。最大トルクは1800〜5600rpmという広い回転域で550Nmを発揮する。7速PDKおよびポルシェトラクションマネージメント(PTM)4WDシステムを介して駆動力を路面へ伝える。燃費はNEDCモードで9.8リッター/100km(約10.2km/リッター)。

0-100km/h加速は4.3秒(オプションのスポーツクロノパッケージ装着時)と、先代比で0.3秒タイムを短縮。最高速度も先代を4km/h上回る270km/hに達した。

ポルシェ_マカンターボ_2.9_0827_フェイシアイメージ

PSCBブレーキを標準装備

シャシーも徹底的に見直しを図っており、ブレーキには高性能なポルシェ サーフェス コーテッド ブレーキ(PSCB)を標準装備している。ディスクにタングステンカーバイドコーティングを施すことで、鋳鉄製ブレーキよりもレスポンスを高め磨耗も低減。ブレーキダストも最大90%少なくなるという。新しい20インチのマカンターボ ホイールも標準装備する。

エクステリアは、3つの大型エアインテークとヘッドランプを組み込んだ専用フロントエプロンと、ポルシェ ダイナミック ライト システム(PDLS)を搭載した標準装備のLEDライトで、より迫力のある顔つきに。ダブルウイングデザインのリヤスポイラーも専用に開発。スポーツエキゾーストシステムも標準装備で、ツインテールパイプにより差別化を図っている。

ポルシェ_マカンターボ_2.9_0827_リアイメージ

インテリアでは、18ウェイの電動調整機能付アダプティブスポーツシートを標準装備。911をルーツにもつヒーター付きGTスポーツステアリングホイールもオプションで用意する。14個のスピーカーと665Wの出力を備えたBOSEサラウンドサウンドシステムも全車に搭載した。

オプション装備として、室内空気質を改善するイオナイザーや渋滞時の運転を支援するトラフィック ジャムアシストなどを用意する。日本での発売時期や価格は未定。

【問い合わせ】

ポルシェカスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911