超偏平シングルタイヤ「902L」を横浜ゴムが発売! トラック/バス用の後輪用タイヤのシングル化を実現

■「ウルトラワイドベースタイヤ」でトラック/バスのダブルタイヤをシングルへと変更可能に

横浜ゴムは、ウルトラワイドベースタイヤの「902L」を2019年9月2日から発売すると発表しました。同タイヤはオールシーズンタイヤで、発売サイズは455/55R22.5 164Lの1サイズ。価格はオープンプライスです。

横浜ゴムウルトラワイドベースタイヤ「902L」
横浜ゴムから発売されるウルトラワイドベースタイヤの「902L」

ウルトラワイドベースタイヤとは、トラックに装着される複輪(2本1組)を単輪(1本)に置き換えることができる超偏平シングルタイヤ。単輪への置き換えにより、タイヤ組み換え、日常点検などの省メンテナンス化や、1軸あたり約85kgの軽量化が可能になることから、例えば後輪2軸の大型トラックでは、約170kgの積載量を増加させることが可能になるそう。

この「902L」には、タイヤの回転方向と平行なスチールベルト層を有する独自開発のベルト構造「SpiraLoop(スパイラループ)」が採用されています。

横浜ゴムのウルトラワイドベースタイヤの「902L」
タイヤ組み換え、日常点検などの省メンテナンス化や、1軸あたり約85kgの軽量化が可能に

これにより、走行によるショルダー部の成長とベルト部の歪みを抑制させ、優れた耐偏摩耗性と耐久性を確保することができ、タイヤの長寿命化に貢献します。

また、トレッドパターンでは、小ピッチブロックやスプリットクローズドサイプによりトラクション性能が高められたほか、転がり抵抗を低減するウェーブドグルーブ、排水性と操縦安定性に配慮した7本溝パターンを採用。同社はすでに北米市場にて同サイズ「902L」を投入していて、好評を得ているそう。

ウルトラワイドベースタイヤ「902L」
ウルトラワイドベースタイヤの「902L」のトレッドパターン

横浜ゴムでは近年のトラック用タイヤのシングル化需要に合わせ、ワイドベースの商品を豊富にラインアップしています。タイヤ幅385mmのワイドベースタイヤは、日本市場のトレーラー向け商品として、リブタイヤ「RY357」やオールシーズンタイヤ「MY507A」、スタッドレスタイヤ「901ZS」も販売中。

タイヤ幅400mmを超えるウルトラワイドベースタイヤは、バスサイズである275/70R22.5の後輪用タイヤのシングル化として435/45R22.5の「TY517E」が2009年から導入されています。

今回は11R22.5の後輪用タイヤのシングル化として、455/55R22.5の「902L」を同社としては日本で初めて本格導入。

同社は、2018年からスタートした3カ年の中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」においてタイヤ生産財事業を次の100年の収益の柱とすることを掲げています。トラック・バス用タイヤの拡販に取り組んでいて、独自技術である「SpiraLoop」が採用された超偏平シングルタイヤを展開しています。

(塚田勝弘)