さすが井出有治! 謎不調の「718ケイマンGT4クラブスポーツ」でもGT4クラスのファステストラップを記録!!【PSCJ Rd.9 8/24鈴鹿】

【ポルシェ スプリント チャレンジ ジャパン Rd.9(最終戦) in 鈴鹿サーキット】

チーム名称:FIELD MANAGEMENT RACING
車両名:FIELD MANAGEMENT Cayman GT4
クラス:GT4
ゼッケン:#10

ドライバー:井出 有治
予選:2位(総合12位)
決勝:2位(総合9位)
ベストラップ:2分16秒005(GT4クラス・ファステストラップ)

2019年8月25日に決勝が行われた「2019 第48回サマーエンデュランス『BH オークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース』」(鈴鹿10H)のサポートレースとして、前日24日に行われた「ポルシェ スプリント チャレンジ ジャパン(PSCJ) Rd.9」。

井出有治選手の走り1
井出選手、レースでは初ポルシェとなるPSCJ参戦です。

このレースに我がclicccarテストドライバーの井出有治選手が、新チーム「FIELD MANAGEMENT RACING」のドライバー兼アドバイザーとしてGT4クラスに挑みました。マシンは「ポルシェ・718ケイマンGT4クラブスポーツ」。直前のマシン納車、富士スピードウェイでのシェイクダウンテストを経て、そしていよいよレースウィークを迎えました!

FSWでは多少走り込めたものの、GT4というかポルシェで鈴鹿を走るのは初めての井出選手。しかもレース本番を迎えるとなにかしらトラブルに見舞われるのは…ありがちなこと!? これは新チームに対するポルシェからの手痛い歓迎…なのでしょうか!?

リラックス中の井出有治選手
電子系なのか? ノントラブルとはなかなかいかない初PSCJレースです。

■コンピュータ制御に異常あり!【23日・練習走行】

●原因不明!? ウ〜ン、何が起こっているんだろ!?

PSCJは予選・決勝をワンディで行います。前日の23日は練習走行、「FIELD MANAGEMENT Cayman GT4」にとっては初の鈴鹿走行となる貴重な時間です。

しかし「何かがおかしい…コンピュータ制御に異常があるようです」(井出)。ポルシェ・ジャパンのサポートをもってしても走行時間内には原因追及はできず。しかも走行直前までドシャ降り、走行中は時折小雨の降るウェット路面。ドライのFSWからリセッティングしようにも「レインタイヤが初めてだからど〜にもこ〜にも…」(井出)。バタバタとした中、練習走行は終了です。ウ〜ン…。

718ケイマンGT4クラブスポーツのインパネ
市販車ベースとはいえ、コクピットはスイッチがいっぱい!しかもエアコン付き!

■市販車に近いマシンだからこその、スイッチ押し忘れに要注意!?【24日・予選】

●0.044秒差!! 予選は惜しくもクラス2番手!

「コンピュータのエラーは直ってました〜!」(井出)、ヨカッタ!! では予選模様を井出選手に聞いてみましょう。

「予選は2回アタックしました。1セット目はコース確認とクルマの確認。タイヤを履きかえて2セット目、タイヤの内圧の上がりをみてアタックし、ラストもう1周!って思った途端、今度は違うコンピュータの誤制御?みたいのが入り始め…。

井出有治選手の走り2
第2の謎不調はすぐに判明してヨカッタです!

え〜今度はなんだろーなぁ〜…と思ったら、その原因はすぐに判明しました!

市販車に近い仕様である「718ケイマンGT4クラブスポーツ」は、トラクションコントロールとヨーコントロールをスイッチでON/OFFしなくてはいけないんです。あ、もちろんOFFにするんですヨ。しかも、エンジンを一度切るとそのスイッチがONに戻っちゃうので、エンジンを切る度にスイッチをOFFにしなくてはいけないんです。

で、スイッチONのまま行ってしまったラストアタックのS字で、その制御が勝手に作動して失速。で、アタックできずに予選時間が終了。アレさえなければセクター1だけで予選1位のマシンより0.3秒くらい速かったので、1周にしたら0.5秒くらいはちぎってポール取れたのになぁ〜」(井出)。

GT4のフロントブレーキ
前後380mm径のベンチレーテッドディスクブレーキ、フロントキャリパーは6Pです。
GT4のリヤブレーキ
前後同径のベンチレーテッドディスクブレーキ、リヤキャリパーは4Pです。

え〜っと、そのON/OFFスイッチって、GT4はみんな手動でやっているんですか?

「そうなんだって。ボクはその作業に慣れていなくって…っていうか、普通、レーシングカーでは無い作業だからね。『忘れずにスイッチを押すことに慣れてください!』って言われちゃいました!」(井出)

GT4のミシュランタイヤ
タイヤはミシュランのワンメイク、F:25/64-18(9J)/R:27/68-18(10.5J)を履きます。

左前ってコースアウトしました? リップスポイラーが外れかけてましたけど?

「あはは! タイヤ履き替えていったとき、GT3クラスがバンバン後ろから来ちゃって、クリアラップ取るために先に行かしてたら、タイヤの熱入れが不十分で内圧が上がっていなくて、しかもスイッチONだったからヨーコントロールが作動して1コーナーでコースアウト。バレちゃいましたね!」(井出)

ミシュランのビバンダム君
決勝直前、暑いです! ビバンダム君(の中の人)、大丈夫ですか!?

さて、いよいよお楽しみの決勝です!

「タイヤの内圧が上がりきる前の最初の2、3周のあいだに多少の動きがあるかな? GT4は抜くのが難しいクルマだと思うので、作戦は最初の1、2周のうちに頑張って前に出て逃げ切り!かな」(井出)

エンジニアの中居さんと
「スイッチ、ちゃんと押してくださいよ!」なんて会話もありつつ、スタート前はチョイ緊張気味?の井出有治選手です。

■晴れ&路面ドライ、ちょ〜っと暑いけど絶好の決勝日和!…だったのに(泣)【24日・決勝】

●ボクたちの鈴鹿10H…じゃなく「鈴鹿10L(ラップ)」、ラストスパート!ってところでセーフティカー→ゴールなんて、不完全燃焼デス(泣)

予選は全クラスの11番手、GT4クラスの2番手でローリングからのスタート!

しかし「ストレートが遅い!!」(井出)、原因の分からない、ストレートでスピードが伸びない…という事態が発生!というか判明です。

井出有治選手、決勝の走り
第3の不調…ストレートが遅い!? 原因は不明。2020へ向けての課題です。

「なにせボクのマシンは他のGT4と比べてストレートが明らかに遅く、それでもコーナリングで頑張って追い詰めていきました。5、6周目になると前の#19はタイヤがタレ始めたのかミスが多くなり、また後ろの#11は途中で脱落していたので前だけに集中でき、0.6秒差まで追い詰めロックオン!

…と思っていた7周目、GT3-I同士の接触→コースアウトでセーフティカーが入ってしまい、車両撤去と隊列を整えている間に10周…パレードしながらのゴールとなってしまいました」(井出)。

ホント、観ているほうもガックリ…。

「も〜完全な不完全燃焼ですよ。ラスト3周、勝負ドコロだったのに〜。でもね、マシンを綺麗な状態で戻せたの、コレとっても大事です! それにね、結果はクラス2位で残念だけど、『2分16秒005』っていうGT4クラスのファステストラップはボクが出しましたからね!」(井出)

GT4のリヤウイング
デカいリヤウイングですが、コレ、主に亜麻や麻の繊維などの農業副産物から供給される有機繊維の混合物で造られていて、この素材をレーシングカーに使用するのは初! しかもカーボンと同等の強度・軽さがあるそうです。ちなみに、両ドアも同じ素材でできています。

『FIELD MANAGEMENT RACING』のチームオーナー、フィールドマネージメント 代表取締役・並木裕太さんにもお話を伺いました。

「初めてのレーシング事業の今回、新たな山を見つけてしまった感じです。フツフツと『やってやるぞ!』の気持ちが湧いています。今日、もし優勝していたとしても、多分今のほうがその気持ちは強いですね。

それに、ストレートが伸びなかった原因を追究しないといけません。課題を解決しながら2020までのオフシーズンを過ごそうと思います!」(並木)

井出有治選手の走り3
2020シーズンへ向けての課題も満載。シリーズチャンピオン、狙っていきましょう!

これまで、トップフォーミュラ、GT含め数々のレース経験をしてきた井出有治選手にとって、このGT4カテゴリーのレースはドライバーレベル的にズルイ!?みたいな声も聞こえました。確かに! しかし今回、井出選手がドライバーとして参加したのは、時間がない中でのマシン・セットアップ、新チームからのアドバイス要請、新チームの勢いづけ!?なんかの要素も大きかったようです。井出選手がPSCJに参加したら、レース自体が注目されますからね!

PSCJのGT4クラスは、ちょっとウデに覚えのある方なら比較的安価にケイマン・ポルシェを楽しめる、2019年6月のRd.5富士戦からスタートしたばかりの新クラスです。現在、井出選手のチーム含め3台のエントリーがありますが、「もうちょっと台数が増えればなぁ〜!」なんて声も聞こえました。

そうそう、マシンの在庫もあるようですよ〜!! お問い合わせはポルシェ・ジャパンまで!

井出有治選手のバトル模様
新設されたばかりのPSCJ・GT4クラス。今がチャンス!?

井出有治選手がドライバーとして、アドバイザーとして関わる『FIELD MANAGEMENT RACING』は2020年、新たなチーム体制発表もあるようです。「2020年は未定です〜」(井出)というドライバーは引き続き井出選手が乗るのか?の発表も待ちつつ、新チームの躍進に期待しています!

(文:永光 やすの/画像:H@ty・永光 やすの)