ミシュラン、サーキット用スポーツタイヤ「PILOT SPORT CUP 2 R」を投入

ミシュラン、サーキット用スポーツタイヤ「PILOT SPORT CUP 2 R」を投入

MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 R

ミシュラン パイロット スポーツ カップ 2 R

サーキットでのドライグリップ性能をさらに向上

日本ミシュランタイヤは、公道も走れるサーキット用スポーツタイヤとして「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 R(ミシュラン パイロット スポーツ カップ ツー アール)」を9月6日から発売する。サイズは、20インチ(265/35ZR20)と21インチ(325/30ZR21)がそれぞれ1サイズの計2サイズ。価格はオープンとなる。

世界中の様々なレースで培われたミシュランの最新技術を投入し、世界の名だたるスポーツカーメーカーと共同開発された先代「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2」。今回、そのドライグリップ性能をさらに向上させたスーパースポーツ専用サーキット向けタイヤとして登場した。

ミシュランパイロットスポーツカップ2R_比較

レースからフィードバックされた新配合コンパウンド

過酷なレースの世界からフィードバックされた新配合コンパウンドを採用することで、高いドライグリップ性能を提供。内部構造の最適化によりタイヤ剛性も大幅に向上し、トレッドパターンの最適化によって接地面積も最大化された。

この結果、“走る悦び”だけにとどまらず、サーキット走行に求められる“ラップタイムの更新”も可能になった。さらにベルベットのような高級感のある手触りを実現するミシュラン独自の金型加工技術「プレミアムタッチ」が、走行性能だけでなく外観からもクルマのポテンシャルの高さを引き立てている。

対象装着車両は、ポルシェ911 GT2 RS/911 GT3 RS。ニュルブルクリンク・ノルドシェライフェ(北コース)におけるタイムアタックで、911 GT2 RS Manthey Racingが6分40秒3、911 GT3 RSが6分56秒4を記録している。

【問い合わせ】

日本ミシュランタイヤお客様相談室

TEL 0276-25-4411