二兎どころか三兎を得てしまっている、フォルクスワーゲン・アルテオン【注目モデルとドライブデート!? Vol.14】

●「見た目のクルマだけかと思ったら、そうじゃないんだね」

「あれ、セダンじゃないんだ」

荷物を積み込もうとテールゲートを開けたとき、ふと彼女がつぶやいた。続けて「ワゴンみたいだね」と言う彼女の印象は、正解である。

アルテオン11
フォルクスワーゲン・アルテオン

ジャンルとしては「セダン」に分類するアルテオンだけど、正確にいうとボディ形状はセダンではなく「5ドアハッチバック」。セダンは居住スペースと完全に分離したトランクを持つが、ハッチバックは荷室が居住スペースとつながっていて、トランクリッドではなくテールゲートが大きく開くのだ。

アルテオンのテールゲート
テールゲートを開けると……
リアビューカメラ
リアビューカメラも装備される
控えめなウィング
トランクには控えめなウィングが

それにしても、アルテオンのラゲッジスペースは広い。ドイツ自動車工業会(VDA)が定めた測定方法だと563Lあり、これはDセグメントセダンの中ではトランクの広さ自慢のアウディ「A4」の480Lを大きくしのぐどころか、そのステーションワゴンである「A4アバント」の505Lさえも上回るのだから驚くほかない。

アルテオン21
流麗なサイドビュー

もちろんメルセデス・ベンツ「Cクラスステーションワゴン」の450リッターやBMW「3シリーズツーリング」の495リッターよりも広いのだ。

アルテオン荷室
アルテオンの荷室
トランクスルー
トランクスルーも可能

もちろんこの数字は後席背もたれ付近までの高さが基準なので、それ以上まで荷物を積み上げる状況ではステーションワゴンの強みが活きてくる。とはいえアルテオンは見た目がスポーティなのに加えて、これだけのラゲッジスペースを持つのだからまさに「才色兼備」といったところ。

ワゴンのよう
リアシートを倒せばワゴンのよう

さらに後席を倒せば床面に大きな段差がないステーションワゴンのような空間になるのも“純粋なセダン”には真似のできない芸当(最大1557L)。冗談抜きに、自転車を積むのも楽勝だ。それに、開口部が広いから大きな荷物も積み下ろししやすい。なんと実用的な車なのだろうか。

阿久津31
広大なラゲッジスペースにて

しかも、実用的なのはラゲッジスペースだけではない。スポーティな見た目からは想像できないかもしれないが、後席に座ってみるとゆったりとした居心地に驚く。

リアシート
後席も広い
阿久津33
ゆったり座れるリアシート

足元スペースが驚くほど広く用意されているのに加えて、車幅があるから左右感覚にゆとりがあるのが大きな理由だ。真横を見るとサイドウインドウの天地高が低いから実用セダンに比べるとちょっとだけ閉塞感があるけれど、気になるほどではない。それに、心配した頭上のクリアランスも全く問題なし。アルテオンはセダンとしても実力も高いのだ。

アルテオンスタイリング
二兎も三兎も得てしまっているアルテオン

「見た目のクルマだけかと思ったら、そうじゃないんだね。」

そんな彼女の言葉は、まさに的を射ている。世の中には「二兎を追うものは一兎をも得ず」なんて言葉があるけれど、アルテオンはスタイリングが美しいうえに、スポーツカー並みに俊敏な走りも楽しく、それでいて実用性も高い。二兎どころか三兎も得てしまっているのだ。

(文:工藤貴宏/モデル:阿久津真央/ヘア&メイク:東なつみ/写真:ダン・アオキ)