【新車】今秋、スバル・インプレッサがビッグマイチェン。ティザーサイトで先行公開中

■スタイリングを刷新、アイサイト・ツーリングアシストを全グレードに標準装備!

水平対向エンジンを積むSUBARU車の基本となるモデルがインプレッサです。2016年10月に発表された第5世代インプレッサは次世代プラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」や、国産車では初めてとなる歩行者保護エアバッグなどの新技術を採用しています。また、2016-2017日本カーオブザイヤーを受賞するなど高い評価を受けています。

そのインプレッサが、2019年秋にビッグマイナーチェンジ(大幅改良)を受けることが発表されました。

インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(画像はプロトタイプ)

フロントバンパーや灯火類などをリフレッシュしていることは公開された画像からも確認できます。また、ティザーサイトでは高速道路や自動車専用道路での幅広い車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作をアシストするADAS(先進運転支援システム)である「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準装備することもアナウンスされています。

インプレッサSPORT 2.0i-S EyeSight(画像はプロトタイプ)

ティザーサイトでは『あたらしいスタンダード、はじまる。』というキャッチコピーも掲げられていますが、高度なADASを備えることが、このクラスにおいては基準となるというSUBARUならではの主張がインプレッサの大幅改良から感じられるといえそうです。

また、ティザーサイトには主要諸元なども確認できます。1.6Lグレードの燃費性能は若干落ちているものの、スタビライザーを前後に装着、本革巻きステアリングやアルミパッド付スポーツペダルを装備するなどスポーティな仕様の「1.6i-S EyeSight」の設定が確認できます。なお、2.0Lグレードの燃費性能はそのままとなるようです。

●インプレッサSPORT 2.0i-S EyeSight(FF)主要スペック
全長:4475mm
全幅:1775mm
全高:1480mm
ホイールベース:2670mm
車両重量:1350kg
乗車定員:5名
エンジン型式:水平対向4気筒
エンジン形式:FB20
総排気量:1995cc
最高出力:113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク:196Nm(20.0kg-m)/4000rpm
変速装置:CVT
燃料消費率:16.0km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:225/40R18

●インプレッサG4 1.6i-S EyeSight(AWD)主要スペック
全長:4640mm
全幅:1775mm
全高:1480mm
ホイールベース:2670mm
車両重量:1390kg
乗車定員:5名
エンジン型式:水平対向4気筒
エンジン形式:FB16
総排気量:1599cc
最高出力:85kW(115PS)/6200rpm
最大トルク:148Nm(15.1kg-m)/3600rpm
変速装置:CVT
燃料消費率:16.2km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:205/50R17

(山本晋也)