680psを誇る「ポルシェ カイエン ターボ S E-ハイブリッド」がスウェーデンのサーキットで記録樹立!

680psを誇る「ポルシェ カイエン ターボ S E-ハイブリッド」がスウェーデンのサーキットで記録樹立!

Porsche Cayenne Turbo S E-Hybrid

ポルシェ カイエン ターボ S E-ハイブリッド

3.2kmを3分51秒で走破

「史上最強のポルシェ・カイエン」の呼び声高いカイエン ターボ S E-ハイブリッドがラップタイム記録を打ち立てた。スウェーデンにて目下建設中のサーキット、ゴットランド・リングの3.2kmコースを3分51秒で走破。操縦したのはドイツ人ドライバーのティム・シュリックだ。

ポルシェ_カイエン_ターボ_S_E-ハイブリッド_ゴットランド・リング_イメージ

スウェーデンの南部、バルト海に浮かぶゴットランド島は北欧有数の名勝。わずか6万人が住む絵のように美しい土地には、90を超える中世の教会とひとつのサーキットが存在する。ストックホルムから飛行機で30分、もしくはフェリーで3時間。環境保護に熱心なこの場所で「世界で初めての持続可能なレースおよびテスト用サーキット」を目指して作られているのがゴットランド・リングである。

今回、ゴットランド・リングでカイエンが記録を打ち立てたのは、すでに舗装済みの“北セクション”と呼ばれる3.2kmのコース。将来的には南セクション(現在はグラベル状態)と合わせて全長7.4kmのサーキットになるという。

ポルシェ_カイエン_ターボ_S_E-ハイブリッド_ゴットランド・リング_イメージ8

モーターのみでも135km/hまで加速!

カイエンターボ S E-ハイブリッドは550psの4リッターV8と136psのモーターを組み合わせ、680psのシステム最高出力を発揮。900Nmにおよぶシステム最大トルクが発進直後から立ち上がり、0-100km/hをわずか3.8秒で加速する。

モンスター級の加速性能の一方で、最長40kmまでなら電気のみでの走行も可能と、省エネルギー性能にも配慮する。平均燃費は新欧州ドライビングサイクル(NEDC)値で3.9〜3.7リッター/100km(約25.6〜27.0km/リッター)を記録している。

ポルシェ_カイエン_ターボ_S_E-ハイブリッド_ゴットランド・リング_イメージ4

V8エンジンと8速ティプトロニックSトランスミッションの間に配置した2基のモーターは、パワーブースト機構としても稼働。モーター単体であっても最高135km/hまで加速することが可能だ。このパワーブーストの考え方は、918スパイダーから得た知識に基づいている。