IMSA第10戦:911号車ポルシェが同門対決制す。GTDはル・マン失格ペアが逆転優勝

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第10戦バージニアの決勝レースが8月25日、バージニア・インターナショナル・レースウェイ(VIR)で行われ、ポルシェGTチームの911号車ポルシェ911 RSR(パトリック・ピレ/ニック・タンディ組)が僚友912号車ポルシェとの一騎打ちを制して総合優勝を飾った。

 1シーズンに2度行われるスペシャルラウンドの2回目、VIRに毎年恒例の“GTオンリーイベント”が戻ってきた。第8戦ライムロックパーク以来、2戦ぶりに行われる同フォーマットでは、プロトタイプカーを使用するDPiクラスとLMP2クラスが不在となりGTル・マン(GTLM)、GTデイトナ(GTD)の2クラスのみで2時間40分のセミ耐久レースが争われる。

 決勝を前にして24日に実施された予選では、両クラスともポルシェユーザーがポールポジションを獲得。GTLMクラスはポイントランキング首位につける912号車ポルシェ911 RSRのローレンス・ファントールが、GTDでは2連勝中のパフ・モータースポーツが走らせる9号車ポルシェ911 GT3 Rが最前列からスタートを切った。

 今戦においては最高峰クラスとなるGTLMはそのスタート直後、6番手スタートながら1コーナーを大外から回り2番手にジャンプアップを果たした911号車ポルシェが、僚友912号車ポルシェに続き、いきなりポルシェ勢がワン・ツー体制を築く。

 勢いに乗る911号車ポルシェは、レース開始から18分後に出された最初のフルコースコーション(FCY)中のピット作業で僚友を交わして首位に立つと、そのまま約1時間に渡ってトップを快走した。

 しかし、2度目のピットタイミングではチームメイトの912号車にオーバーカットを許し2番手に後退する。2台のポルシェは3番手を争うコルベット・レーシングとフォード・チップ・ガナッシ・レーシングの争いを尻目にその差を徐々に広げていった。

 スタートから1時間56分、2番手につける911号車が2度目のピットイン。第2スティントを任されたピレからタンディに再スイッチしてコースに復帰する。その4分後、2時間を超えたところで首位の912号車ポルシェも最後のピットに入るが、バンバーのピットアウト時には911号車を駆るタンディがチームメイトを逆転して再度トップに立っていた。

 その後、チェッカーまで残り20分あまりとなったところで、キャサリン・レッグ繰るマイヤー・シャンク・レーシング(MSR)の57号車アキュラNSX GT3 Evoがクラッシュ。この影響で2度目のコーションが出されポルシェ勢が後続に築いた約30秒のギャップが消滅したものの、タンディはリスタート後のスプリントレースでもライバルに隙を与えず。そのまま僚友912号車ポルシェを従えて2時間40分レースのトップチェッカーを受けた。

 3位には終盤、66号車フォードGTと接触しながらのバトルを演じた3号車コルベットC7.Rが入った。4号車コルベットが4位となり、66号車と67号車のフォードGT勢は5、6位に。BMWチームRLLの24号車、25号車BMW M8 GTEはペースが上がらずクラス最後尾の7、8位に終わっている。

■86号車NSX GT3 Evoが2位表彰台を獲得し、ランキング首位を維持

912号車ポルシェ911 GT3 Rを先頭にスタートしてく隊列。2019年IMSA第10戦バージニア スタートシーン
912号車ポルシェ911 GT3 Rを先頭にスタートしてく隊列。2019年IMSA第10戦バージニア スタートシーン
コルベット・レーシングの3号車、4号車シボレー・コルベットC7.R
コルベット・レーシングの3号車、4号車シボレー・コルベットC7.R
フォード・チップ・ガナッシ・レーシングの67号車、66号車フォードGT
フォード・チップ・ガナッシ・レーシングの67号車、66号車フォードGT
BMWチームRLLの24号車、25号車BMW M8 GTE
BMWチームRLLの24号車、25号車BMW M8 GTE
ワン・ツー・フィニッシュを飾ったポルシェGTチームの(左から)ローレンス・ファントール、アール・バンバー、911号車のニック・タンディとパトリック・ピレ
ワン・ツー・フィニッシュを飾ったポルシェGTチームの(左から)ローレンス・ファントール、アール・バンバー、911号車のニック・タンディとパトリック・ピレ

 GTDクラスは、首位の9号車ポルシェと2番手を走るMSRの86号車アキュラNSX GT3 Evoが好ペースで周回を重ね3番手以下を引き離す展開に。しかし、レース中盤になると、6番手スタートから1回目のピットインを経て3番手に浮上したメルセデスAMG・チーム・ライリー・モータースポーツの33号車メルセデスAMG GT3がトップとの差を縮めていく。

 イェルン・ブリークモレン駆る33号車メルセデスはチェッカーまで残り1時間のタイミングで迎えた2度目のピットストップ後、9号車ポルシェを同時ピットイン時に逆転してトップに立った86号車NSXの背後に付くと、まもなくこれを交わしてクラストップに浮上してみせる。

 最後はGTLMクラスと同様に約10分間のスプリントレースとなるも、33号車メルセデスはこの混戦を逃げ切ってGTDクラス今季初優勝を飾った。ブリークモレンとチームのオーナー兼ドライバーであるベン・キーティングにとって、このトップチェッカーはフォードGTでLM-GTE Amクラス優勝を果たしたものの、事後車検で失格となったル・マン24時間レース以来のものとなったが、今回は正式にレースウイナーとなっている。

 序盤から首位争いを繰り広げた86号車NSXは終始好ペースをみせていたが、惜しくも優勝には届かずクラス2位に。マリオ・ファーンバッハーとトレント・ヒンドマン組はドライバーズランキング、チームランキングの両選手権首位の座を維持してみせた。

 クラス3位には1回目のFCY時に多くのマシンがピットインするなか、9号車ポルシェとともにステイアウトを選択したスクーデリア・コルサの63号車フェラーリ488 GT3が入った。ポールシッターの9号車ポルシェは4位となり3連勝達成とはならず。レクサスRC F GT3を走らせるエイム・バッサー・サリバン(AVS)は12号車がクラス7位、14号車は13位でレースを終えている。

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の次戦は9月13~15日、アメリカ・カリフォルニア州のウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカで行われる第11戦ラグナ・セカ。同ラウンドは“デフォルト・フォーマット”であるDPi、LMP2、GTLM、GTDの全4クラスによる混走レースだ。

GTDクラスを制したメルセデスAMG・チーム・ライリー・モータースポーツの33号車メルセデスAMG GT3
GTDクラスを制したメルセデスAMG・チーム・ライリー・モータースポーツの33号車メルセデスAMG GT3
スクーデリア・コルサの63号車フェラーリ488 GT3
スクーデリア・コルサの63号車フェラーリ488 GT3
マイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3 Evo
マイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3 Evo
パフ・モータースポーツの9号車ポルシェ911 GT3 R
パフ・モータースポーツの9号車ポルシェ911 GT3 R