【新車】メルセデス・ベンツがAMG A35 4マチックと新型CLAを発表! 盤石のFFモデルラインナップを形成

■新しい「AMG 35シリーズ」の第一弾として「AMG A35 4マチック」が登場

●CLAは6年ぶり(シューティングブレークは4年ぶり)のフルモデルチェンジ

2019年8月27日、メルセデス・ベンツ日本株式会社は東京港区六本木にあるメルセデスミー東京にて、新型CLA/CLAシューティングブレークと、メルセデスAMGの新しいホットハッチモデルである A35 4マチックを発表しました。両モデルともに8月27日より注文を開始し、ユーザーにデリバリーが開始されるのはCLAとA35 4マチックが2019年10月、CLAシューティングブレークは2019年12月頃を予定しています。

A35 4マチックフォトセッション
発表されたばかりのA35 4マチックと上野社長とのフォトセッション。

メルセデスAMG A35 4マチックは、メルセデス・ベンツブランドのエントリーモデルとなるAクラスに設定されたハイパフォーマンスモデルで、新しい「メルセデスAMG 35シリーズ」の第1弾となるモデルです。

A35 4マチック外観
AMG専用のフロントグリルを装着し、精悍さが増している。
A35 4マチック外観リア
リアバンパー下部がデフューザー形状となっており高い空力性能を発揮。

メルセデスAMG 35シリーズは、AクラスなどのFF(前輪駆動)アーキテクチャーモデルに高出力なエンジンや十分なトラクションを確保する4WDシステム、そして高剛性のボディや最適化されたサスペンションなどにより高い走行性能と快適性を両立させ、クルマの挙動と対話しながら気持ち良くドライビングすることに焦点を当てた新しいシリーズです。

従来AクラスにはA45 4マチックというモデルが設定されていましたが、A35 4マチックは628万円とリーズナブルな価格設定となり、メルセデスAMGのパフォーマンスを体験しやすくなりました。

上野社長スポーチ
FF車のマーケティング戦略を話す上野社長。
A35 4マチックエンジン
最高出力306psを発生する2L直列4気筒ターボエンジン。

A35 4マチックに搭載されているエンジンは最高出力306ps、最大トルク400Nmという高出力な2L直列4気筒ターボエンジンを搭載。ツインスクロールターボとカムトロニックと呼ばれる可変バルブリフトシステムにより、低回転域からの力強さと中高回転域での伸びやかな加速を実現しています。組み合わされるトランスミッションはAMGスピードシフト7速DCTで、素早いシフトチェンジが特徴です。

A35 4マチックホイール
235/40R18インチという大きなタイヤを装着。
A35 4マチックインパネ
基本的なデザインはAクラスと同じだが、使う素材によりスポーティさを高めている。

駆動方式はフロント100:リア0から最大50:50までトルク配分が変化する、AMG 4マチックを採用。そしてブレーキシステムは先代A45 4マチックと同じ仕様でフロント350mmディスク、リア300mmディスクという大容量のブレーキシステムを採用。シルバーに塗装されブラックのAMGロゴの入ったブレーキキャリパーが足元を引き締めています。

A35 4マチック フロントシート
バケットタイプのフロントシートを採用し、乗員の体をしっかりと支える。
A35 4マチックリアシート
フロントシートと同様にリヤシートも高いホールド性が特徴。

AMG 35 4マチックには5つのドライブモードの切り替えが可能なAMGダイナミックセレクトを搭載。コンフォート、スポーツ、スポーツプラス、スリッパリー、インディビジュアルの各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能なほか、各モードで自動選択される「ベーシック」「アドバンスト」2つの「AMGダイナミクス」のモードがあり、横滑り防止装置のESPの制御が変化します。

A35 4マチック ラゲージスペース
A35 4マチックのラゲージ容量は5人乗車時で370L、リアシートを全て倒すと最大で1210Lまで拡大。

すでに発売されているAクラスのモデルと同様に、対話型インフォテイメントシステムのMBUXをはじめ、テレマティクスサービス「メルセデス・ミー・コネクト」を搭載。また安全運転支援システムは最上級モデルSクラスに匹敵する最新のシステムを採用し、全方位を監視しドライバーをサポートしてくれます。

メルセデスAMG A35 4マチックは628万円の標準モデルに加えて、専用の内外装色を纏い快適装備が充実した発表記念特別仕様車「メルセデスAMG A35 4マチック エディション1」を743万円で設定しています。

AMG A35 4MATIC EDITION1のエクステリア
AMG A35 4MATIC Edition1のエクステリア。デニムブルーのボディ色や大型リヤウイングが目を引きます。

Aクラスのハイパフォーマンスモデル、A35 4マチックによってメルセデスAMGの新世代モデルの幕が上がりました。

●新型CLAは2L直4のディーゼル(FF)とガソリン(4WD)を用意

AMG A35 4マチックと同時に発表されたのが、スタイリッシュな4ドアクーペそしてシューティングブレークという2つのボディを用意するCLA/CLAシューティングブレークです。

CLAクーペフォトセッション
CLAクーペと上野社長とのフォトセッション。
CLA シューティングブレーク 外観リア
先代以上に美しさが増したシューティングブレークのリアスタイル。

CLA/CLAシューティングブレークは上級モデルであるCLSクラスから採用された前傾するフロントエンドがサメの尖った鼻先をイメージさせる新デザインを採用した外観が特徴です。メルセデス・ベンツのクーペモデルに共通するサッシュレスウィンドウを採用し、エレガンスかつスポーティなクーペスタイルを演出。CLA/CLAシューティングブレークのワイド&ローのボディはCd値0.23という高い空力性能を実現しています。

CLAクーペ外観フロント
同じFFシリーズの中でもヘッドライトの形が異なる。
CLAクーペ 外観リア
メルセデス・ベンツのクーペモデル共通のサッシュレスドアを採用。

インテリアは新型Aクラスの基本デザインを踏襲。連続するワイドスクリーンディスプレイやジェットエンジンのタービンを思わせる5つの円形エアアウトレットがスポーティさを強調しています。デザインを追求する一方で、室内空間のゆとりを改善。先代モデルに比べて室内幅は前席で35mm、後席で44mm、そして前席のヘッドクリアランスも17mm拡大され、スタイリッシュなクーペスタイルながら、圧迫感の少ない室内空間となっています。

CLA インテリア
Aクラスと同様に対話型インフォテイメントシステム、MBUXを搭載。
CLAフロントシート
スタイリッシュなデザインだが、先代よりヘッドクリアランスは増加。

CLA/CLAシューティングブレークに搭載されるエンジンは2種類。FF車の200dには最高出力150ps、最大トルク320Nmを発生する2L直列4気筒ディーゼルターボと4WD車の250 4マチックに搭載される最高出力224ps、最大トルク350Nmを発生する2L直列4気筒ターボです。組み合わされるトランスミッションは200dが8速DCT、そして250 4マチックは7速DCTとなります。

CLA 2Lディーゼルエンジン
CLA200dに搭載される2L直列4気筒ディーゼルターボエンジン。
CLA 2Lガソリンエンジン
CLA250 4マチックに搭載される2L直列4気筒ガソリンターボエンジン。

CLA/CLAシューティングブレークにも対話型インフォテイメントシステのMBUX、テレマティクスサービス「メルセデス・ミー・コネクト」を搭載。また「インテリジェントドライブ」と呼ばれる安全運転支援システムは最上級モデルSクラスに匹敵する最新のシステムで、全方位を監視しドライバーをサポートしてくれます。

CLA リアシート
リアシートの空間も広がり、居住性が向上している。
CLA タイヤ
CLAクーペ/シューティングブレークは225/45R18インチのタイヤを装着する。
CLAクーペトランク
CLAのトランク容量は460Lを確保。リアシートを倒せば長尺物も積載可能。
CLAシューティングブレーク ラゲージ
5人乗車時は505L、リアシート倒せば最大1370Lまで拡大するシューティングブレークのラゲージスペース。

CLA/CLAシューティングブレークの車両の本体価格はCLAが472万〜534万円。CLAシューティングブレークは482万〜544万円となっています。

Aクラスは5ドアハッチバックに加えて7月に4ドアセダン、そして今回ハイパフォーマンスモデルAMG A35 4マチックが追加され、さらに4ドアクーペのCLA、スタイリッシュなCLAシューティングブレークが登場し。メルセデスのコンパクトカー・セグメントは隙のない盤石のラインナップとなりました。

(萩原文博)