宮型から洋型霊柩車への流れだけではない、これからの日本に求められる霊柩車とは?

●「エンディング産業展」で見えてきた霊柩車事情

2019年8月20日(火)から22日(木)まで、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された「エンディング産業展 2019(ENDEX)」。

今回で5回目となるこの展示会には、光岡自動車、そしてカワキタといった富山の霊柩車ビルダー以外にも多くの出展があった。

エンディング産業展 2019(ENDEX)
エンディング産業展 2019(ENDEX)

光岡自動車は、今回新型の搬送霊柩車「プレミアムフュージョン」を出展した。トヨタ・アルファード及びヴェルファイアの2.5Lエンジンモデル(FFまたは4WD)をベースとした光岡自動車のフュージョンシリーズからデザイン性と機能性を高めた一台となる。

ほかにも、アルファード&ヴェルファイアベースにストレッチした5名乗車霊柩車「グランドリムジン」。ミツオカオリジナル霊柩車「おくりぐるま」シリーズから「ガリューV オーバーハングストレッチリムジン(2名乗車)」や「リューギ センターストレッチリムジン(2名/3名乗車)」の4台を展示した。

光岡自動車の霊柩車
光岡自動車の霊柩車

また、光岡自動車とともに富山で霊柩車の製造販売を手掛けるカワキタは、オリジナル霊柩車の「カワキタクラシックLクラス(日産ティアナベース)」と、ストレッチモデルの「ヴェルファイア霊柩車(5名乗車)」の2台を出展した。

オリジナル霊柩車
カワキタのオリジナル霊柩車

他にも実車の展示を行ったビルダーも多い。北海道・東北地区で唯一のビルダーである山形の大江車体特装は群馬のハースと共同出展という形で、この展示会に出展。

大江車体特装の霊柩車
大江車体特装の霊柩車

大江車体特装はOSTブランドでヴェルファイアをベースにした霊柩車を出展。この寝台搬送車は、すでに納車先の決まっているという一台で、3名乗車が可能で、レールをオフセットした棺台式の搬送車にも使用できる霊柩車。シンプルで葬儀と搬送の両方に使えるというフューネラル業界のニーズを汲み取った、今の時代に合わせたモデルといえる。

ハースのトヨタ・エスクァイア ベース霊柩車
ハースのトヨタ・エスクァイア ベース霊柩車

共同出展のハースは、5ナンバーサイズミニバンであるトヨタ・エスクァイアをベースとした3名乗車の霊柩(搬送)車を出展。こちらは、5ナンバーサイズのこの車格が必要となる環境も多いというところから製作されている。3名乗車を可能としたシンプルなつくりであることもその特徴の一つといえる。

近年フューネラル(葬儀)業界では、規模の縮小化という問題に直面している。これまで主流であった、それなりの規模を持った葬儀会場で多数の関係者を集めてお通夜・葬儀・告別式を行うという方式から、密葬や家族葬といった極近親者だけを集めての小規模単位の葬儀が多くなるなど葬儀の形も変化の移行。

さらには葬儀の多様化もあって、このフューネラル産業への新規参入も多いという。

燈台舎
燈台舎の軽自動車ベースの霊柩車

そんな新規参入組に支持されているというのが、燈台舎が手掛ける軽自動車をベースにした霊柩車および寝台車。低コストで導入することができ、年間の維持費も低く抑えることができる。セレモニーに使うのではなく、直葬専用車としての活用にも対応できる。

出展していたのは霊柩車となっていたが、外観はアメリカのスクールバス風にカスタマイズされている。少しふざけているのでは?と思うのだが、それについては理由があり、軽自動車然としているのは、あまりにも…ということからあえて形状を変更して、軽自動車であることをあえて隠すのだという。

車内は助手席までをつぶしてレールを設置。きっちりと長さはキープされており、運転席の後ろの後席の使用も可能となっている。

アイライフマネージメントの移動葬祭車
アイライフマネージメントの移動葬祭車

もう一つ、車両を出展していた企業があった。それがアイライフマネージメントの移動葬祭車という提案。こちらはトラックをベースに、その荷台スペースを葬祭スペースとして使用できるようにスライドして拡大できるというモデル。葬儀、お別れ会、さらには初七日といった法要を、会社の駐車場や故人の思い出の地といった希望の場所で行おうというニーズに向けて製作されているという。

すでに、製作はもちろんメンテナンスにも高額な費用が掛かる宮型霊柩車(仏壇やお寺の屋根のような華やかな神道・仏教風建物をイメージした屋根を乗せたモデル)は完全に廃れ(一部では公道走行不可の自治体も増えてきている)、現在は、ここで紹介したような洋型霊柩車に置き換わっている。また、洋型霊柩車でも以前はロールスロイスのような高級輸入車のバン型霊柩車が多かったが、最近は国産のミニバン、そして国産普通車をベースにしたモデルが多くなっている。

さらには、セレモニー用の霊柩専用車ではなく、病院などからの遺体の搬送にも使える搬送・寝台兼用車が、葬儀社からのニーズ高いという。また、この会場にはアジア圏のバイヤーも多数来場しており、これら霊柩車ビルダーへの問い合わせも数多く、実際に搬送霊柩車の輸出という動きもあるという。