WEC:ハートレーを迎えたトヨタ、新体制でタイトル防衛目指す。新型TS050で開幕戦シルバーストンへ

 WEC世界耐久選手権の2019/2020年シーズン開幕戦シルバーストンが8月30日~9月1日、シルバーストン・サーキットで開催される。ディフェンディングチャンピオンとして新シーズンに挑むTOYOTA GAZOO Racingは、イギリスでのオープニングレースを皮切りに2020年6月に行われるル・マン24時間レースまでの全8ラウンドを、2台の新型トヨタTS050ハイブリッドで戦っていく。

 7月末にスペインのカタロニア・サーキットで実施されたWEC公式テストでお披露目された新型TS050ハイブリッドのデビュー戦となるシルバーストン4時間レースは、同名マシンにとって4シーズン目、そして2020/21年からの新車両規定導入を前にしたLMP1規定ラストシーズンの開幕イベントだ。

 昨シーズン、8戦中7戦で勝利を挙げ、チームタイトルとドライバーズタイトルの2冠を達成したトヨタ。チームはその2018/19年シーズンに唯一優勝を逃したシルバーストンで新しいシーズンの再スタートを切る。

 2019/20年シーズンの布陣はすでにアナウンスされているように、7号車には開幕戦が母国レースとなるマイク・コンウェイと日本の小林可夢偉、そして“アルゼンチンの英雄”ホセ-マリア・ロペスという不動のトリオが乗り込む。

 一方、チャンピオンカーには現王者のセバスチャン・ブエミと中嶋一貴のコンビに元トロロッソ・ホンダF1のドライバーでル・マンウイナー、2度のWEC王者でもあるブレンドン・ハートレーが起用されている。

 そんなトヨタチームは今季もノンハイブリッドLMP1カーを走らせるプライベーターチームとLMP1クラスのタイトルをかけて戦うことになるが、ライバルとなるレベリオン・レーシングとチームLNT(ジネッタ)のマシンは、改訂されたレギュレーションによって昨年度以上のスピードを発揮することが予想される。

 開幕戦のマシン最低重量はトヨタTS050ハイブリッドと比較して、ノンターボのレベリオンが94kg、ターボエンジンを搭載するジネッタが85kg軽い状態での出走が認められた。また、燃料使用量についてもノンハイブリッドマシンはそれぞれトヨタよりも多くの量を使用することが許可されている。

 なお、今季は4時間レースとして行われる2019/20年WECシルバーストンの勝者には1905年に始まり、タツィオ・ヌヴォラーリやスターリング・モス、グラハム・ヒルといったレジェンドドライバーたちが勝ち取ってきた伝統のRAC(英国王立自動車クラブ)ツーリストトロフィーが授与される予定だ。

 このトロフィーの獲得とともに新シーズンの開幕ダッシュを狙うチームは30日に行われる2回のプラクティス、31日のプラクティス3後の予選を戦い、翌月1日正午(日本時間20時)にスタートする決勝レースで勝利を目指す。

■村田久武チーム代表「トラブルを出さないことがこれまで以上に重要になる」

「TS050ハイブリッドに相応しい、有終の美を飾るための新たなシーズンが開幕します」と語るのは、今年8月にTMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)の社長職を退いたものの、引き続きチーム代表を務める村田久武氏。

「ファンのみなさまのため、エキサイティングなレースを求め、TOYOTA GAZOO RacingはACOとともに努力を続けてきました」

「新LMP1レギュレーションにより、開幕戦シルバーストンは(ライバルと接近した)厳しいレースになると思います」

「トラブルを出さないことが今まで以上に重要になるので、昨シーズンの最終戦ル・マンを終えてからの短期間の間に、チーム一丸となってそこに集中し、この週末のために努力を重ねてきました」

「トラブルなく走り切り、優勝を目指します。簡単なレースになるとは思っていませんが、我々にとって新たな挑戦となる、今シーズンへの準備は万端です」とTS050ハイブリッドのラストシーズンに対して自信を覗かせた。

■新加入のハートレー「自分の名前がTS050ハイブリッドに書かれたのを見て気分が高まっている」

8号車トヨタTS050ハイブリッドに搭乗する(左から)セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー
8号車トヨタTS050ハイブリッドに搭乗する(左から)セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー

 また、村田代表と同様に可夢偉もシルバーストンでのスタートダッシュに自信をみせ、「準備は整っていると思います。僕たちのTS050ハイブリッドはプロローグテストで多くの周回をこなし、良いパフォーマンスを示せました」と語り、改めてル・マンでの優勝とワールドチャンピオンの獲得に意欲を示した。

 そんな可夢偉ら、計6名のトヨタドライバーのコメントは以下のとおりだ。

●小林可夢偉(7号車)

「新たなシーズンへ向けた準備は整っていると思います。僕たちのTS050ハイブリッドはプロローグテストで多くの周回をこなし、良いパフォーマンスを示せました」

「ライバルのノンハイブリッドLMP1勢の競争力は正確にはわかりませんが、接近戦になると予想していますし、我々にとっても新たな挑戦となるでしょう」

「もちろん僕らは世界チャンピオン及び、ル・マンでの勝利を目指して戦います。そのために開幕戦のシルバーストンで良いスタートが切れることを全員が望んでいます。自信はあります」

●マイク・コンウェイ(7号車)

「シルバーストンは僕にとって特別な場所だ。単に母国レースというだけでなく、コース上に高速で流れるようなコーナーが数多くあり最高だよ」

「このコースで速いラップタイムを刻めた時は素晴らしい気分になる。本当に楽しいコースだけど、速度差のある車両の処理は難しく、的確なタイミングを見極める必要があるんだ」

「いつも大観衆が迎えてくれて、僕の家族や友人も応援に来てくれる。それだけに母国での勝利を熱望しているよ。何度か惜しいところまではいっているので、今年こそはそれを叶えたいと思ってるんだ!」

●ホセ・マリア・ロペス(7号車)

「シルバーストンで新たなシーズンの開幕を迎えるのが待ちきれないよ。チームは毎年進化を遂げていると思うし、それはもちろん7号車においても間違いない」

「チームクルーの信頼関係はとても強固なもので、メカニックやエンジニアとも同様だ。マイクと可夢偉は本当に速いチームメイトだし、お互いにとても仲の良い友人でもある」

「今季はこれまでにないほど力強いシーズンへ向けた準備が整ったと感じている。シルバーストンで勝利を挙げて最高のスタートが切れることを願っているよ」

7号車トヨタTS050ハイブリッドをドライブする(左から)マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペス
7号車トヨタTS050ハイブリッドをドライブする(左から)マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペス

●中嶋一貴(8号車)

「昨シーズンは毎レース、チームメイトとの接近戦を繰り広げ、僕のキャリアのなかでももっともタフなシーズンでした。今季も同じような厳しいシーズンになると予想しています」

「世界チャンピオンになれたことは本当に誇らしく思いますし、セバスチャン、ブレンドンとともに、今季もその座を守るべく戦います」

「我々全員がシルバーストンで良いシーズンスタートを切りたいと思っていますが、7号車が速いことはもちろんよく分かっていますし、ノンハイブリッドLMP1のライバル達も速さを増してくるはずなので、簡単にはいかないでしょう」

●セバスチャン・ブエミ(8号車)

「世界チャンピオンとして新たなシーズンを迎えるのは最高の気分だ。我々は昨年、多くの勝利を成し遂げることができた」

「そして今は、新しいシーズンの開幕戦であるシルバーストンを勝利で飾ることに集中している」

「今季のLMP1のライバルたちはレギュレーションの変更により、さらに強敵となりそうだし、接近戦が予想される。それだけに僕たちも日曜日のレースを好結果で終えるために準備を整えていかなくてはならないね」

●ブレンドン・ハートレー(8号車)

「最高のレースカーであるTS050ハイブリッドの最後となるシーズンに、自分の名前が車両に書かれたのを見て気分が高まっているよ」

「再びレースで戦えるのが楽しみだ! 僕自身は、2018年のF1シーズンが終わってからそう多くのレースには出ていないけれど、テストやシミュレータ作業など非常に忙しい日々を過ごし、感覚を保ってきた」

「WECでの速度差のある車両の処理のリズムなどを体で覚え直す必要はあるが、準備はできているし、シルバーストンでのスタートが待ちきれないよ!」

2台の新型トヨタTS050ハイブリッドは7月末の公式テストで、順調な仕上がりを感じさせた。
2台の新型トヨタTS050ハイブリッドは7月末の公式テストで、順調な仕上がりを感じさせた。
カタロニア・サーキットで初披露された新型トヨタTS050ハイブリッド
カタロニア・サーキットで初披露された新型トヨタTS050ハイブリッド