鈴鹿10時間予選、ポルシェ911 GT3 R勢最上位はキャンベル/オルセン/ヴェルナー組

鈴鹿10時間予選、ポルシェ911 GT3 R勢最上位はキャンベル/オルセン/ヴェルナー組

若手を率いたヴェルナー、トップ10に一歩届かず11番手

8月24日(土)、鈴鹿サーキットにおいてインターコンチネンタルGTチャレンジ2019年シーズン第4戦「鈴鹿10時間」の予選が行われた。

ポルシェAGのカスタマーチーム、アブソリュートレーシングの911 GT3 R(#912)は、ワークスドライバーのディルク・ヴェルナー(ドイツ)がポルシェ勢最速のラップタイム2分01秒306を記録。決勝レースに向けて、マット・キャンベル/デニス・オルセン/ヴェルナー組が、11番グリッドを獲得した。

911 GT3 Rプロジェクトマネージャーのセバスチャン・ゴメスは、予選後に以下のようにコメントした。

「ポールシュートアウトに進んだのはわずか1台で、スターティンググリッドは11番手。これは我々が望んだ結果ではありません。データを解析して決勝に備えます。911 GT3は充分にコンペティティブだと確信しています。私たちの強みは長距離レースにおける安定したパフォーマンスなので、決勝では大きなチャンスがあると信じています」

ドライでの練習走行を走れずに予選に挑んだヴェルナー

ヴェルナーはポルシェヤングプロフェッショナルの2名、マット・キャンベル(オーストラリア)とデニス・オルセン(ノルウェー)と共に、10時間に渡って行われる決勝レースを走行。ポルシェの期待を背負うヴェルナーは、アタックラップのブレーキングミスを悔やんだ。

「伝説的な鈴鹿サーキットでポールシュートアウトに進めたのは素晴らしい経験でした。順調だったアタックラップのシケインでブレーキングが僅かに遅れたため、数グリッドを失いました。予選セッションと同様のドライコンディションで行われた練習走行は、わずか1枠で私は1ラップさえ走ることができませんでした。クルマの感触とセットアップは良いので、決勝に向けた準備は整っています」

不運に見舞われたエースのロマン・デュマ

4台の911 GT3 Rがエントリーした予選で、上位20台がポールポジションを争うポールシュートアウトへ進出した唯一のポルシェドライバーがヴェルナー。3名のドライバーそれぞれが予選アタックを行い、その結果をもってポールシュートアウトに進む車両が決定した。

バサーストの勝者、アール・バンバー・モータースポーツでQ1予選アタックを担当したのはワークスドライバーのロマン・デュマ(フランス)。しかし、最初のアタックラップでは赤旗で予選が中断され、最後のアタックではタイヤがバーストする不幸に襲われた。チームメイトのワークスドライバー、マシュー・ジャミネ(フランス) とスヴェン・ミューラー(ドイツ)もこの不運を乗り越えることができず24番グリッドに留まった。

Pro-AmカテゴリーにエントリーするカスタマーチームのLMコルサ(#60)は寿一と薫一の脇阪兄弟を擁して総合27位、クラス最上位で決勝レースをスタート。4台のポルシェカスタマーチーム中、唯一タイプ997の911 GT3 Rを駆るAMACモータースポーツ(#51)はシルバークラス4番手(総合34位)のタイムを記録した。