WRC:トヨタ、TMGの本拠ドイツでチーム初1-2-3フィニッシュ達成! マキネン「過去にも似たような状況はあったが……」

 8月25日、WRC世界ラリー選手権第10戦ドイツは競技4日目のSS16~19が行われ、前日までにワン・ツー・スリー体制を築いていたTOYOTA GAZOO Racing WRTは、オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)の優勝を筆頭に、クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合2位、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)も総合3位でフィニッシュを果たし、2017年のチーム結成以来初となる表彰台独占を達成した。

 22日に開幕したラリー・ドイチェランドの競技最終日、デイ4はサービスパークの北側に位置するモーゼル河畔に広がるブドウ畑を舞台に、2本のSSを2回ずつ走行する都合4本のステージ、合計79.50kmで争われた。

 ラリー初日に総合トップに立ち、2日目と3日目も首位を守ったタナクを筆頭に、前日のデイ3までにトップ3を独占した3人のトヨタドライバーたちは、この日も安定した走りをみせる。

 特に最後のSS19では、狭くツイスティなコーナーが連続するステージを全員が堅実に走破。ラトバラが3位表彰台を決めると、続くミークも2位を決定づけ、最後にタナクが今季5勝目、ラリー・ドイチェランド3連覇を飾るトップフィニッシュを果たした。

 これによりトヨタはヤリスWRCに搭載されるエンジンの生まれ故郷で表彰台を独占するワン・ツー・スリー・フィニッシュを達成するとともに、1大会で得られるマニュファクチャラーズポイントの最大ポイントを獲得。順位変動こそなかったものの、289ポイントでランキング首位につけるヒュンダイに対して8点差に迫る281ポイントとした。

 また、タナクはドライバーズランキングで2番手となったティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)との差を33ポイントに広げ、首位の座を固めることに成功している。

「チームにとって最高の結果が得られたので、今晩は盛大に祝勝会が開かれるだろうし、TMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)を訪れる明日もきっとそうなるだろうね」と語ったタナク。

 勝因は「ライバルよりも安定していたこと」としたエースは、「3日目が戦いの山場であり、今日は確実にワン・ツー・スリー・フィニッシュするために走った」と競技最終日の戦いを振り返った。

 前戦フィンランドから2戦続けてのポディウムフィニッシュとなったラトバラも「これ以上望むべくもない完璧なリザルトになった。クルマはパーフェクトで、問題も何も起こらず本当に良い週末だったよ」とチームの完全勝利を喜ぶ。

■長いトンネルから脱出。ミーク「ようやく表彰台フィニッシュを飾れた」

移籍後初の表彰台獲得となったクリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)
移籍後初の表彰台獲得となったクリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)
オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)

 また、トヨタ加入後初の表彰台獲得となったミークは「今シーズンは少なくとも4~5回、恐らく6回は表彰台に立てていたはずだったが、トラブルや自分のミスで実現せず、ようやくポディウムフィニッシュを飾ることができた」と安堵のコメント。

「週末を通してヤリスWRCのフィーリングは素晴らしく、自信を持って走ることができたし、とてもリラックスした状態で高い次元でスピードを維持できた」

 単一マニュファクチャラーの達成としては2015年のフォルクスワーゲン・モータースポーツ以来となる表彰台独占劇に、TOYOTA GAZOO Racing WRTのトミ・マキネン代表は次のようにコメントしている。

「3台のトヨタ・ヤリスWRCがワン・ツー・スリー・フィニッシュを飾り、信じられないような気分だ。過去にも似たような状況になりかけたことはあったが、ついに実現した。今日は、本当に心が躍ったよ!」

「この週末、我々のクルマが速かったことは確かだが、ドライバーたちも本当に速く、ここドイツの困難な舗装路で最高の仕事をしてくれた」

「ターマック(舗装路)でのテスト走行は非常に限られていたのだが、それでもこのような素晴らしい結果を手にすることができた。それは、我々のチームワークと共同作業の成果だといえるだろう。今日は、チーム全員を本当に誇らしく思うよ」

 TMGの所在地ということでフィンランドに次ぐ第2の“ホーム”とも言えるドイツラウンドで最高の結果を残したトヨタ。チームが挑むWRCの次戦は、9月12~15日に開催される第11戦トルコだ。

 2018年にWRCのカレンダーに復帰したラリー・トルコは、路面に大きな石が多数転がる荒れたグラベルステージが特徴。昨年はタナクが優勝、ラトバラが2位となっている。

ドライバーたちから勝利の美酒を浴びせられるトミ・マキネン代表
ドライバーたちから勝利の美酒を浴びせられるトミ・マキネン代表
優勝したオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)
優勝したオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)
クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)