ロータス エヴァイヤ、米国デビュー! モントレーカーウィークにおいて大反響

ロータス エヴァイヤ、米国デビュー! モントレーカーウィークにおいて大反響

Lotus Evija

ロータス エヴァイヤ

人気テレビ司会者のジェイ・レノらも絶賛

ロータス初のEVハイパースポーツ「エヴァイヤ」が、モントレーカーウィーク2019において米国デビューを飾り、8月18日に行われたペブルビーチ・コンクール・デレガンスまで展示され、会場で大きな人気を集めることになった。

エヴァイアの展示エリアには、テレビ司会者のジェイ・レノ、Youtuber “スーパーカーブロンディ”として人気のアレクサンドラ・メアリー・ハーシーらが訪れ、その美しいスタイルや先進的なEVパワートレインへの賞賛を贈っている。

多くの注文が集まり、予定生産台数に達する可能性も

モントレーカーウィーク内で行われたザ・クウェイル(The Quail)のモータースポーツディレクターを務めるゴードン・マッコールも、エヴァイヤを絶賛した。

「ザ・クウェイルに登場したエヴァイヤは、本当に素晴らしかったです。ロータスには輝くべき歴史があり、この新型スポーツカーによって新たな未来の扉が開くのを見られるのは最高にエキサイティングです」

ロータス・カーズのフィル・ポップハムCEOも、エヴァイヤの米国デビューに喜びを隠さない。

「まさに私たちが望んでいたスタートを切ることができました。エヴァイヤは並外れたクルマです。ロータスが再びイノベーター、そして技術的なリーダーの座につけるよう設計されています。現在、多くのオーダーを頂いていますし、来年の販売開始までに予定生産台数に達すると確信しています」

2020年の販売に向けてノーフォークのヘセルで生産

ロータス初のEVハイパースポーツとして生産されるエヴァイヤは、目標最高出力を2000psに設定。その時点で、世界で最もハイパワーな量産型ロードカーとなる。また、ロータスの伝統に則り、イギリス・ノーフォークのヘセルで設計・生産が行われる。生産台数は最大でも130台に限定される。