「EF型シビックシャトルにCR-Vの4駆システムとフルチューンK24エンジンを搭載!?」目標1000馬力オーバーの超異端児!

「EF型シビックシャトルにCR-Vの4駆システムとフルチューンK24エンジンを搭載!?」目標1000馬力オーバーの超異端児!

K24エンジン+4WDスワップ仕様のEFシビックシャトル

1000ps超えのポテンシャルもあるK24載せスリーパー・シャトル!

ストリーミング配信サービスのNetflixで、2018年から放送されている“fastest Car”という番組をご存知だろうか? 日本でも『最速の称号』というタイトルで配信されていて、最新シリーズの予告編も公開中だ。

その記念すべきシーズン1の初回に、アメリカでは「ママが子供のサッカーの送迎に使うミニバン」と揶揄されるホンダ・オデッセイで、フォードGTに挑戦状を叩きつけたのがビシモト・エンジニアリングのビシ・エゼリオハであった。

かつて、ウェブオプションでも紹介したビシモト・オデッセイは、V6ターボで最高出力1029hpを発揮するモンスターミニバン。ビシモトの名声を世界的に広めた出世作でもあるが、残念なことに番組内のレースではFFということもあって巨大なパワーをトラクションに結びつけられず、4台中4位という結果に終わってしまった。

その悔しさを忘れられずにいたビシに「じゃあリベンジカー作っちゃおうぜ!」と、パーツの取引先でもあるAEMインテークスのスタッフが提案。それで一気に火がついたビシは、シビックワゴン(日本名シビックシャトル)をベースに、速くて強い、トラクション・フレンドリーなスリーパー・シャトルの製作を決意したのである。

なぜベースにシビックワゴンを選択したかというと、もともとホンダ車でドラッグレースの腕を磨いてきたビシは、以前にもD16Z型の直列4気筒SOHCターボで700hpという超弩級のシビックワゴンを作った経験があったから。ビシの中では、そのシビックワゴンの発展形がオデッセイだったという思いもあったため、原点回帰すると同時にモダンなテクノロジーを注ぎ込んだアップデートバージョンを作ってやろうと考えたわけだ。

そうして、2018年のSEMAでのお披露目を目指して急ピッチで製作がスタートした新生シビックワゴン。エンジンはホンダのK24型直列4気筒DOHCを搭載するが、日本仕様のK24Aとは中身が微妙に異なるアメリカ向けのK24Z型を使用している。

アキュラTSXなどに使われるK24Z3型のシリンダーブロックに、シビックSiなどに使われるK24Z7型のヘッドをドッキング。その狙いはタービンの効率アップとクリーンなレイアウトを実現することだ。

というのも、K24Z7型のシリンダーヘッドはエキマニ一体構造となっており、排気ポートの出口は短くて広い一口穴となっている。タービンとの距離が極めて近くなるので、ターボラグの少ない効率的なスプールが期待できる上に、エンジンルームもすっきりするとビシは語る。

エンジンルームを覗くと、プロジェクトのキッカケを生んだAEMインテークス製作のカスタムボックス付きターボインテークが、その一等地に配置されている。最もこだわったのはタービンレイアウトで、エキマニ一体のK24Z7型ヘッドにPRLのターボマニホールドを接続し、ターボネティックスの72mmビレットターボをトップマウント。理想的な取り回しを実現するため、ハウジングの回転方向が通常とは逆のリバース・オリエンテーションも採用した。

燃料系は高圧・大容量に作り変えられ、E85を使用するためフレックスフューエルセンサーも装備する。

エンジニアとしても卓越した能力を持つビシは、複雑な制御が要求されるドライブ・バイ・ワイヤやCAN-BUSネットワークも導入。そしてCR-Vのミッションケースとデフ、リヤトレーリングアームを移植した4WD化も実現した! 前輪の回転数が後輪のそれを上回る発進時には油圧で後輪に駆動力が伝わるデュアルポンプデフの特性を活かし、スタート勝負のゼロヨンにおけるトラクションとスタビリティを高めている。

ホイールはオールドスクールな雰囲気にマッチするフィフティーン52の鋳造ワンピース、インテグラーレを装着。サイズは7.5J×17。ハブボルトは5穴にコンバージョンされており、フロントにはバーディクラブのビッグブレーキも備わる。リヤホイールに装着されているのは、ベルギーにあるD-lng Designsのカスタムターボファンだ。

エクステリアは、純正フロントバンパーを加工して、PRLのインタークーラーががっつり見える、ビシモトのシグネチャースタイルを表現。純正テールゲートスポイラーを備える一方、外板はあくまで純正然とした見た目をキープ。ルーフはブラック、ドアミラーはオレンジとアクセントを効かせながら、全体をマリーナブルーで染めるカスタムペイントを施した。

クロモリ製の6点式ロールケージを備える室内。ドアトリムやシートなどの内装はSOSカスタムズによってカスタムメイドされている。トランスミッションのベルハウジングとトランスファーケースはCR-Vの純正品だが、中身はクアイフのシーケンシャルミッションに換装。ニョキッと突き出たシフターが、このクルマのユニークさを象徴する。MOMOのステアリングにはスイッチがふたつ備わり、右がホーン、左がタービンのアンチラグシステム用となっている。

今のところ“Fastest Car”最新作への出演は果たされていないビシモト渾身の新生シビックワゴンだが、すでにドラッグレース場でのシェイクダウンも完了。リベンジを果たす瞬間に向け、準備は万端だ!

PHOTO:Akio HIRANO/TEXT:Hideo KOBAYASHI