【週刊クルマのミライ】あの女性ラリーコンビが海外参戦の準備? WRCドライバーから大いに学ぶ

■板倉麻美選手&梅本まどか選手が海外ラリー挑戦への第一歩、ドイツでWRCを見学

2019年、全日本ラリーJN-6クラスにデビューした注目の女性コンビ、板倉麻美選手&梅本まどか選手(ウェルパインモータースポーツ)。デビューイヤーとは思えないほど高いパフォーマンスを見せている二人だが、かねてより海外ラリーへの参戦を口にしているように、その目は世界を見据えている。夢への第一歩としてWRC第10戦「ラリー・ドイチェランド」の最前線に足を運んだ。

左から梅本まどか選手、勝田貴元選手、板倉麻美選手

といっても、今回はラリーに出場するわけではなく、海外ラリーの雰囲気を学ぶことが目的。目標に向かって着実に階段を登っていこうという堅実なスタンスだ。しかし、単に観戦に行ったわけではない。全日本ラリーに「DL WPMS Vitz CVT」というトヨタのマシンで参戦している関係もあって、そのグローバルモデルである「ヤリス」のWRCマシンを間近に見る機会を得ることができたのだ。

そう、TOYOTA GAZOO Racing WRTのサービスブースにて、世界最速といえるワークスマシンを見学、さらに技術的なレクチャーを受けることもできたのだ。トップカテゴリーのワークスマシンのクルマづくりは市販車にフィードバックされているという。つまり、市販車ベースの全日本ラリーマシンにもつながっている。ワークスマシンの技術を知ったことは、二人にとって間違いなくレベルアップにつながることだろう。

■WRCの最前線で日本人トップラリーストの勝田貴元選手から心構えを学ぶ

勝田貴元選手は日本人ドライバーとして初めてヤリスWRCを、世界ラリー選手権でドライブする

さらに、ラリー・ドイチェランドにおいてヤリスWRCで参戦する勝田貴元選手とコミュニケーションする時間もあったというのは、二人にとって貴重な成長の機会となった。勝田選手は、トヨタの若手ラリードライバー育成プログラムであるTGRラリーチャレンジプログラムで腕を磨き、今回トヨタのワークスマシン「ヤリスWRC」でWRCに参戦するという大チャンスをモノにした期待の日本人ラリードライバーだ。

すでに様々なカテゴリーで欧州でのラリー経験を積んだ勝田選手から、世界で戦うための心構えや、国内ラリーと海外ラリーとの違い、海外ラリーへの向き合い方、改造範囲の広いグループR車両のドライビングなどについてレクチャーを受けたことは大いに刺激となったようだ。

なお、2019年11月に開催されるセントラルラリー愛知/岐阜2019では、勝田選手がトヨタ・ヤリスWRCを駆る姿を見ることができるというから楽しみだ。同ラリーには、板倉選手/梅本選手組もトヨタ・ヴィッツGRスポーツ(CVT)で参戦する予定となっている。

(文:山本晋也 写真提供:ウェルパインモータースポーツ/山本佳吾)