BMW M5の35周年を記念するモデルは日本限定10台。「BMW M5 35 Jahre Edition」が21,600,000円で登場

●BMW M5が培ってきた技術力を特別な装いで表現した「BMW M5 35 Jahre Edition」

BMW M5の初代モデル誕生から35周年を迎えることを記念した特別限定車「BMW M5 35 Jahre Edition」が10台限定(全世界350台限定)で発売されました。納車は、12月以降の開始になります。

BMW M5 フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ
10台限定「BMW M5 35 Jahre Edition」のフロントビュー

初代BMW M5は1985年に誕生し、現行モデルの6代目は2018年に登場。2019年には、サーキット走行も見据えたBMW M5 Competitionを投入するなど、サーキットでの卓越した走行性能を追求する哲学を継承しながらも、ラグジュアリー・スポーツセダンとしての機能性を高めながら進化を遂げてきました。

BMW M5 フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ
「BMW M5 35 Jahre Edition」のリヤビュー

今回の特別限定車「BMW M5 35 Jahre Edition(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)」は、最高出力441 kW(600 PS)/5,600〜6,700 rpm・最大トルク750 Nm/1,800〜5,600rpmを誇る4.4L V型8気筒エンジンを搭載。0-100km/h加速は3.3秒で、伝統あるBMW M5が培ってきた技術力を余すことなく投入されたBMW M5 Competitionがベースです。

ベースとなる「BMW M5 Competition」は、BMW M5に搭載されている排気量4.4LのV型8気筒Mツインパワー・ターボエンジンの出力を460kW(625ps)まで向上。また、Mモデル専用4輪駆動システムM xDriveや、ドライブロジック付き新型8速Mステップトロニック・トランスミッションも搭載され、高性能エンジンのパワーを最大限引き出しています。

「BMW M5 35 Jahre Edition」の「Mスポーツ・エキゾースト・システム」

デザイン面でも、Mモデルの象徴である、ダブルバー・キドニーグリルやリヤスポイラー、ミラーキャップ、サイドギルや「Mスポーツ・エキゾースト・システム」がブラックで統一され、よりアグレッシブなデザインが特徴。

ボディカラーは、シルクのような滑らかさを備えるという、マットな色味で、上質かつ力強い存在感を放つ限定色「フローズン・ダーク・シルバー」になります。

BMW M5 フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ
BMW M5 35 Jahre Editionのインパネ

装備のハイライトは、70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライト。これを特別装備とすることで視認性を高め、夜間走行での安全性をより向上させながら、BMW M5の高い走行性能を体感することが可能としています。

フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ
BMW M5 35 Jahre Editionのフロントシート

内装もスペシャルな限定車にふさわしい仕立て。「ブラック・フル・レザー・メリノ・シート」が装備され、限定デザインになるベージュのコントラストステッチが配されています。

さらに、インテリアトリムには、より耐久性の高いアルマイト加工が施された、淡いゴールドのアルミトリムも目を惹きます。重厚感あるブラックの内装に、上品なゴールドのアクセントが加わることで、高級感とスポーティさが融合されたキャビンが演出されています。

BMW M5 フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ
BMW M5 35 Jahre Editionのシフトまわり

さらに、「35 Jahre」と刻まれたドアシル、「M5 Edition 35 Jahre 1/350」の文字が浮かび上がるカップホルダーカバーにより、特別な限定車であることを強調。「BMW M5 35 Jahre Edition」の価格は21,600,000円。日本での販売台数は10台限定です。

(塚田勝弘)