ボルボのフラッグシップSUV「XC90」が内外装を変更し、最新安全機能を追加

ボルボのフラッグシップSUV「XC90」が内外装を変更し、最新安全機能を追加

VOLVO XC90

ボルボ XC90

2016年の導入以来日本市場でも想定を超える人気に

ボルボ・カー・ジャパンは、内外装に新デザインを採用した7シーターフラッグシップSUV、新型XC90の日本導入をスタートした。また、同時に特別仕様車の「XC90 D5 AWD R-Design」もラインナップに加えた。

XC90は安全性を飛躍的に向上させ、電動化や自動運転をも見据えたスケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)プラットフォームにより開発。T字型のトールハンマーヘッドライトを象徴とする新デザインが導入された最初のモデルとなる。これまでに世界で32万台以上販売され、国内でも2016年の導入以降7月までに当初の想定を越える3600台を販売するなど、好調な実績を残している。

全世界で120以上ものカーアワードを獲得

XC90は全世界で120以上のカーアワードを獲得。「2016北米トラック&SUVオブザイヤー」や米国モーター・トレンド誌の「2016 SUV・オブ・ザ・イヤー」をはじめ、日本国内でも「2017年次 RJCカーオブザイヤー・インポート」を受賞。その実力が高く評価された。

また、デザイン面ではモダンなスカンジナビアンラグジュアリーが評価され、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する世界最大のデザインコンペであるレッドドット賞の「ベスト・オブ・ザ・ベスト」プロダクトデザイン賞や、米国「ワーズオート」誌の「10ベストインテリア」を獲得。日本国内では「2016年度グッドデザイン・ベスト100」も受賞している。

エクステリアとインテリアに新デザインを採用

今回、2016年のデビュー以来初となる内外装の一部変更を実施した。エクステリアはフロントグリル、フロントバンパー、リヤバンパーに新デザインを採用。またExcellenceを除く各グレードのアルミホイールデザインも変更を受けている。

インテリアは「T8 Twin EngineAWD」に装備されるオレフォス社製クリスタル・シフトノブに新デザインを採用。また、本革シート、パーフォレーテッド・ファインナッパレザーシートに新色のスレート(グレーカラー)が追加された。

先進安全・運転支援機能「IntelliSafe」を全車標準装備

仕様変更にあたり、安全技術に最新機能を追加した。最新のテクノロジーを活用した16種類以上の先進安全・運転支援機能IntelliSafe(インテリセーフ)が全車標準装備となっている。

IntelliSafeに含まれるCity Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)には、対向車対応機能/オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)/インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)を搭載。国内における最も多くの交通死亡事故要因となっている、対向車との衝突被害を回避または軽減することで、より安全性を高めている。

さらにCity Safetyにはステアリング・サポート(衝突回避支援機能)も追加。ステアリング・サポートは、被害軽減ブレーキだけでは衝突を回避できない場合に、ステアリング操作を補って障害物の回避を支援する安全技術となる。ドライバーによるステアリング操作が障害物の回避に不十分であれば、適切な操作量を確保できるようにステアリング操作を補助し、同時に前後内輪のブレーキを作動させ、緊急回避操作を安全に行えるように支援を行う。

駐車スペースからの退出時にサポートする「CTA」

衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)も追加された。駐車スペースから後退して出庫するときの安全を確保するための装備で、リヤバンパーに内蔵されたミリ波レーダーによって接近する車両、歩行者やサイクリストの存在を検知する。

検知された場合、警告音でドライバーに知らせるとともに、必要に応じて被害軽減ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の低減をサポートする。また、駐車操作を補助するパーク・アシスト・パイロットに被害軽減ブレーキの新機能が追加された。駐車動作中にセンサーが車両前後の予想進路内で車両または歩行者を検知した場合、自動的にブレーキがかかり停止。さらにタイヤ空気圧モニタリングシステムも標準装備となった。

豊富なパワートレインの選択肢を用意

XC90のパワートレインには、ガソリンモデルの「T5」と「T6」に加え、今年3月に追加導入されたクリーンディーゼルモデルの「D5」、プラグインハイブリットモデルの「T8」と4種類のバリエーションを設定した。

T5には、高回転域の優れたレスポンスが特徴の4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力187kW(254ps)・最大トルク350Nm(35.7kgm)を発揮する。一方、T6は最高出力235kW(320ps)・最大トルク400Nm(40.8kgm)を発生。このエンジンは低回転域ではスーパーチャージャーが優れたアクセルレスポンスを提供し、高回転域ではターボチャージャーが効率よく高出力を生み出すというツインチャージャー仕様になっている。

D5に搭載されるクリーンディーゼルエンジンは、最高出力173kW(235ps)・最大トルク480Nm(48.9kgm)というスペック。さらに、発進を含む低回転域からの加速時に圧縮エアをターボチャージャーに送り込むことでターボラグを低減するPowerPulseを組み合わせた。各気筒の燃料噴射タイミングを正確に管理する革新技術のi-ARTと徹底した低フリクション化により、スムーズな回転特性と優れた低燃費性能を実現している。

ガソリンエンジンにモーターを組み合わせた「T8」

トップグレードのT8は、スーパーチャージャーとターボチャージャーにより最高出力233kW(318ps)・最大トルク400Nm(40.8kgm)を発生する高性能ガソリンエンジンを搭載。さらに240Nmのトルクを発生させる高出力電気モーターをリヤに配置して後輪を駆動する。

Hybrid/Pure/Power/AWD/Off Roadなど、シチュエーションに合った最適なドライブモードを選択し、内燃機関とモーターというふたつのパワーソースを最大限に活用して、パワフルかつ効率の良い走りを実現した。

電動モーターだけで駆動するPureモードでは、モーターのみで走行するゼロエミッションカーとなる。一方、Powerモードでは力強い加速と高い環境性能を両立。駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は30Ahから34Ahに拡大され、EV走行距離が向上した。

特別仕様車「XC90 D5 AWD R-Design」を設定

ベースグレードMomentumと上級グレードInscriptionの2グレード展開する「XC90 D5 AWD」に、スポーティグレード「R-Design」を特別仕様車として追加した。「D5 AWD R-Design」には、特別装備として専用のエクステリア&インテリアに加え、足元には新デザインの専用22インチアルミホイールを採用している。

【車両本体価格(税込)】

XC90 T5 AWD Momentum:799万円
XC90 D5 AWD Momentum:869万円
XC90 D5 AWD Inscription:954万円
XC90 T6 AWD Inscription:964万円
XC90 T8 TwinEngine AWD Inscription:1124万4444円
XC90 T8 TwinEngine AWD Excellence:1353万6112円
XC90 D5 AWD R-Design(特別仕様車):951万2963円

【問い合わせ先】

ボルボ・カスタマーセンター

TEL 0120-922-622