Wシリーズを支援するクルサード、女性F1ドライバーでも「最強のF1ドライバーに匹敵する能力が必要」と主張

 Wシリーズの諮問委員会のチェアマンを務めるデイビッド・クルサードは、F1でレースができる能力を持つ女性ドライバーが存在すると考えているが、彼によると、ルイス・ハミルトンやマックス・フェルスタッペンのようなドライバーに匹敵する能力を持つ女性ドライバーのみがF1に昇格するべきだという。

 モータースポーツの最高峰へ到達することは、ドライバーにとって多大な努力を要することだが、それは偏見と戦い、慣習を打破しようとしている有望な女性ドライバーにとっても言うまでもないことだ。

 1950年にF1世界選手権が誕生して以来、グランプリの予選に挑んだ女性ドライバーはたった5人だ。さらにグリッドに並んだのはたったふたりであり、1950年代終盤にマリア・テレーザ・デ・フィリッピス、1970年代にレラ・ロンバルディが達成している。

 そしてロンバルディは今日に至るまで、F1でポイントを獲得した唯一の女性レーサーとなっている。その業績は1975年のスペインGPで成し遂げられた。

 クルサードは女性ドライバーの力を促進し、F1グリッドに女性ドライバーを呼び戻すことを目的とする、女性のみのWシリーズを大いに信頼している。

 しかしクルサードは、F1の最強ドライバーと戦う能力のある女性ドライバーのみが、F1で競うチャンスを与えられるべきだと主張している。

「我々は、現時点で才能ある女性ドライバーたちに大きなスポットライトを当てている。参加者のうち何人かはF1で戦う能力があると考えている」と13回のグランプリ優勝経験者であるクルサードは、最近の『F1 Fan Voice』の質疑応答で答えた。

「ただ十分な能力のあるドライバーか、それともルイスやマックス、シャルル(・ルクレール)を探しているのだろうか?」

「彼らと同レベルの女性ドライバーを探しているのだ。なぜならルイスやマックス、シャルルらと同じレベルでなければ、彼らに勝つことができないからだ」

 しかしながらクルサードは、その要件に達しない女性ドライバーでも、モータースポーツの他の分野で頭角を現し、成功することは可能であると認めている。

「Wシリーズにおいて、私は個人的にはさらに多くの女性ドライバーをモータースポーツに呼び込みたいと思う」とウイリアムズとマクラーレンに在籍した経験を持つクルサードは語った。

「私の姉妹もレースをしていた。彼女はとても才能があったが、支援を受けることができなかった。なぜなら家族は、私を支援していたからだ。私はそのことを悔やんでいる」

「だから私は才能ある女性ドライバーを支援し、より多くの女性をモータースポーツに呼び込むWシリーズの一翼を担いたいと思っている。十分に優れた能力があれば、彼女たちはF1へ昇格できるだろう」

「もし、それなりに優れているだけだっとしても、優れているというのは(非常に)良いことだ。それなら彼女たちはツーリングカーやスポーツカー、またその他の多くのチャンピオンシップに参戦できるだろう」