「“ZC33Sスイスポを激変させる”と噂のHKSマスタリーECUを徹底検証!」ブーストアップからGTIIIタービン仕様までパワー計測を実施

「“ZC33Sスイスポを激変させる”と噂のHKSマスタリーECUを徹底検証!」ブーストアップからGTIIIタービン仕様までパワー計測を実施

純正ECU書き換え&タービン交換でK14Cエンジンの真価を解き放つ

GTIIIタービン仕様へのアップデートにも対応する

ターボエンジン『K14C』を搭載し、さらなる速さと発展性を手に入れたスイフトスポーツ(ZC33S)のチューニングに注力するHKS。

様々なパフォーマンスアップパーツが開発され市場を賑わせているが、ウェブオプションがここでピックアップするのはZC33Sの真価を引き出す『マスタリーECU(8万円)』。HKSのアンテナショップであるHKSテクニカルファクトリーもその性能に太鼓判を押す、純正ECUチューニングメニューだ。

このマスタリーECUは、基本的にチューニングショップが窓口となって、HKS本社にECUを外して送り、データが書き換えられた後にショップに送り返されて愛車に戻す…という手順が必要なのだが、HKSテクニカルファクトリーでは店舗での書き替えが可能だ。そこで、今回はHKSテクニカルファクトリーの協力を得て、ZC33SのECUチューンの効果を検証してみた。

まずは、純正タービンのブーストアップから。ノーマルの150ps&24kgm(最大ブースト圧1.14キロ)に対して、マスタリーECUでは162ps&28kgm(最大ブースト圧1.30キロ)を発生。なお、グラフはダイナパック(係数ゼロ)計測によるもので、文中の計測値は係数を掛けたものとしている。

ちなみにマスタリーECUは、燃料や点火時期、ブースト圧の他、レブリミットを6000rpmから6300rpmに変更、スピードリミッターの解除も行われる。データはノーマルタービン用とGTIII-FXタービン用の2種類に対して、吸気系に『スーパーパワーフロー』、排気系に『メタルキャタライザー』『ハイパワースペックLマフラー』を装着した状態でプログラムされたものとなっている。なお、ノーマルタービン用からGTIII-FXタービン用へのデータ書き替えも1万円で対応するとのこと。

続いて、タービンを純正からHKSのGTIII-FX(キット価格:20万円)に交換。マスタリーECUもGTIII-FX専用データに書き替えて、改めてシャシダイで計測を行ったところ、200ps&30kgm(最大ブースト圧1.55キロ)をマーク。

このタービンはMHI製センターカートリッジを採用し、コンプレッサーブレードとタービンブレードともに純正よりも大型化したモデルだ。最大流量は約40%アップしている。

「GTIIIタービンの風量を最大まで発揮させていますね。一方、純正クラッチの容量はトルクが30kgmを超えてくると厳しくなってきますから、HKSオリジナルデータは相当に作り込まれたものだと言えますよ」とはHKSテクニカルファクトリー仲さん。

となると、強化クラッチの導入とともに、さらなる大型タービンに交換するとどうなるのか?

具体的には、GTIII-SSタービンで250psオーバーを狙っていくことになるわけだが、純正の直噴インジェクターの容量は220psあたりまで…というのがHKSの見解だ。もちろん、追加インジェクターでの燃料増量は可能だが、取り付けにはインマニの加工や制御用のサブコンが必要になるなどチューニングのハードルが一気に上がってしまうため、ストリートスペックとしては現実的ではない。そういう意味でも、GTIII-FXタービンとマスタリーECUのセットは、相当に優れたパッケージングになっていると言えるだろう。

●取材協力:HKSテクニカルファクトリー 埼玉県戸田市美女木5-2-8 TEL:048-421-0508