「やっぱり?」フォルクスワーゲンの7速DSG(DCT)搭載車17.6万台を対象にリコールの届出

フォルクスワーゲンがポロ、ゴルフ、ビートル、パサートなど総計17万6068台を対象に『自動変速機油圧制御システム(アッパーハウジング)』の不具合によるリコールを届出しました。いわゆる乾式クラッチの7速DSG(フォルクスワーゲンのデュアルクラッチトランスミッション=DCTに使われる固有名詞)が対象のリコールです。届出によると不具合の内容は次のように記されています。

7速DSG型自動変速機のメカトロニクスにおいて、アッパーハウジングのねじ切り加工が不適切なため、耐久性が不足しているものがある。そのため、アキュムレーターの継続的な油圧変化による疲労の蓄積により、アッパーハウジングに亀裂が発生し、油圧が低下して、最悪の場合、駆動力が伝達されず走行できなくなるおそれがある。

なお、不具合件数は1648件と報告されています。対象台数から考えると、トラブル発生率は0.9%程度となっています。また、この不具合に起因する事故の報告は0件といいます。最悪の場合、走行不能になるという内容ですが、大きなアクシデントにはつながっていないといえそうです。

ところで、この乾式クラッチを用いた7速DSGについては、以前からトラブルを心配する声があり、新車で購入したユーザーの間では延長保証に入っておくのが吉という評判でした。その意味では「やっぱり」と思っているオーナーも少なくはないかもしれません。とはいえ、今回のリコールによって不具合の原因がクリアになり、その対策もなされるということですから、今後は安心して7速DSG搭載車に乗り続けられるということになります。

対象モデルの年式的には、とうにメーカー保証が切れているクルマが多いのですが、だからこそリコールにより対策したという安心感は大きいのではないでしょうか。DSGの不具合が心配で、すでに手放したというオーナーの中には、今回の対策を見て後悔している人がいるかもしれませんね。

VWリコール届出一覧表_1
VWリコール届出一覧表_1

 

VWリコール届出一覧表_2
VWリコール届出一覧表_2
VWリコール届出一覧表_3
VWリコール届出一覧表_3

(山本晋也)