ミック・シューマッハー、F1昇格のタイミングは「そのときが来るまで分からない」と明言を避ける

 ミック・シューマッハーは、自身のF1昇格がいつになるかは、そのときになってみないと分からないが、デビューに向けての準備は怠っていないと語った。

 フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)のメンバーであるシューマッハーはFIA-F2第8戦ハンガリーに出走し、リバースグリッドとなったレース2ではライバルの松下信治からのプレッシャーにも屈せず、同シリーズでの初勝利をポール・トゥ・ウィンの完勝で達成した。

 現在20歳のシューマッハーの経歴に待ち望んだ勝利が加わったが、彼の有名な父で7度の世界チャンピオンであるミハエル・シューマッハーと同じF1への道程をたどるためには、さらなる成果が求められる。

 シューマッハーは、今後予想されるF1昇格に関して「ときが経てば分かることだ」と語り、さらに以下のように続けた。

「もちろんF2での初勝利は素晴らしいことだ。ただ僕自身は、まだたくさんの練習を積む必要があると思っている。F1に行けるのが来年になるのか、2年後なのか、3年後なのか、僕には何とも言えない」

「そのときが来れば分かる。できるかぎり多くのことを学べるように最善を尽くすつもりだ。そうすれば、いつ昇格しても自信を持って戦う準備ができるだろうからね」

 昇格に向けて最初の足掛かりを得たシューマッハーは、ハンガリーでの勝利で得た大きな自信を武器にして、F2での残り4ラウンドに臨む。

「1勝目が最も困難だというのは、ある意味本当だと思う。だけどもちろん、その勝利によって大きな自信も得られるんだ」とシューマッハーは付け加えた。

「次のラウンドに自信を持って臨める。特に今はシーズンの終盤に差し掛かる大事なときだからね」

「勝利できて良かった。容易なことではなかったよ。今回のノブ(松下)からだけでなく、シーズンを通して激しいプレッシャーを受け続けてきたからね」

「僕たちは何度か非常に良いパフォーマンスを見せられたけれど、それに見合うだけのポイントを稼げなかった」

「レッドブルリンクやシルバーストンを振り返れば、僕たちは速いペースで走れていたと思う。ただ多くの点でそれを活かしきれなかったんだ」

「全体として言えば、あの勝利を挙げられてとてもうれしい。でも何より、大量にポイントを獲得できたことも良かったよ」