MotoGP:スズキ、肺を挫傷したミルのイギリスGP欠場を発表

 チーム・スズキ・エクスターは8月20日、ブルノオフィシャルテストで転倒負傷し、オーストリアGPを欠場したジョアン・ミルが、今週末に開催されるイギリスGPを欠場することを発表した。

 ミルはテストで転倒し、肺を挫傷。チェコのブルノ市内の大学病院に入院した後、スペインのバルセロナ市内に転院した。

 8月12日には退院し、自宅で療養していたが、精密検査の結果、まだ100%回復しておらず、大事をとってイギリスGPを欠場することになった。チームはテストライダーのシルバン・ギュントーリをミルの代役としてイギリスGPに起用する。

ジョアン・ミルの代役で第12戦イギリスGPに出場するシルバン・ギュントーリ
ジョアン・ミルの代役で第12戦イギリスGPに出場するシルバン・ギュントーリ

「肺に残留物が残っていることを検出した。安全面の理由から、まだ復帰せず、100%回復することが最善だと考えると検査を担当したチェルテ医師は欠場の理由とリハビリの予定を説明する」

「今後は肺活量を回復させ、全体のフィジカルコンディションを強化しなければならない。そのためには、歩行やランニング、山での歩行、限られたなかでのバイク走行が可能だ」

 欠場が決まったミルは次のようにコメントしている。

「シルバーストンに行くことができない。本当に残念なことだけど、体の健康が第一。アクシデント後に病院と自宅で数週間休み、歩行リハビリを始めが、検査の結果、まだ100%でないことを確認したから、医師からリハビリを続ける方がよいと診断された」

「次戦に向けて体調を整え、大きなリスクを背負わずに走れるようになるために、もう少しハードなトレーニングを始めたい」

 ミルは3週間後の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPでの復帰を目指す。