「老舗が提案するWRX STI(VAB)の3段階パワーチューン」ECUチューンを軸に無駄のない380馬力オーバーを目指す!

「老舗が提案するWRX STI(VAB)の3段階パワーチューン」ECUチューンを軸に無駄のない380馬力オーバーを目指す!

老舗が提案するEJ20ステップアップチューン

ECUチューンを軸にした無駄のないパワーアッププラン

車種を問わず、数多くのチューニングマシンを手掛けているフェニックスパワー。EJ20エンジン搭載車も得意としている車種のひとつだ。代表の横山さんによると、フェニックスパワーではEJ20チューニングを大きく3つのステップに分けて提案しているのだという。

まず、ステップ0(ゼロ)と呼んでいるのが、エンジン本体や補機類は完全にノーマルのままECUチューニングのみでパワーアップを図るというメニュー。排気系がノーマルということであまり攻めたセッティングは厳しいとしながらも、この段階でもパワーは実測で310〜320psあたりを狙える。このメニューではブーストコントロールもECUで行うので、コストのほうもパワーチェック込みで16万円というお手軽さで人気だ。

そして、次のステップ1は触媒やマフラーなど排気系をフル交換して、EJ20のポテンシャルを発揮させてやることが目的。EJ20というエンジンはタービンと触媒の距離が近いこともあって、ここをスポーツ触媒に交換してやると排圧を下げることができ、タービンをフルに使い切ることができるようになるという。

ちなみにマフラーは、HKS製のスーパーターボマフラーがおすすめ。車検対応スペックながらタービン交換仕様にも対応する排気効率を有しているため、長く使うことができる。

こういった排気系の環境変化に合わせてECUデータを作り込んでいくことで320〜340psを狙う。この時点ですでにノーマルとは段違いの速さを体感することができ、それでいて気難しさは一切ない。

そして、エキマニ交換と同時にHKS製のGTIII-RSタービンを投入するというのがステップ2。横山さんによると、タービンを交換した場合は外付けのブーストコントローラーを使って緻密にブースト圧を制御してやるのがベストだという。ECUだけでなく、ブーストコントローラーも上手に連携させてやることで380psオーバーが狙うことができ、今回撮影したデモカーも実測で384.9psをマークしているほど。

「このステップアップには無駄になるパーツがないので、予算に合わせてゆっくりマシンメイクを楽しんでもらえば良いと思います。どの段階でもチューニングの効果をシッカリ体感できますよ」とは横山さん。

ちなみにデモカーは、サーキットテストを想定してブレーキはエンドレス製のモノブロックキャリパー&ローターで強化。ホイールはボルクレーシングのG16(9.5J×20)で、タイヤにはミシュラン・パイロットスポーツ4S(245/30-20)を組み合わせている。

サスペンションはストリートからショートサーキットまで対応するエンドレスのジールファンクション・プラス10をセットする。

今後は本格的なサーキットテストに向けてオリジナルのオイルクーラーの製作や、エアロメーカー「ings」とタイアップしてリップスポイラーなどの製作も予定しているというから楽しみだ。

●取材協力:フェニックスパワー福井店 福井県坂井市丸岡町朝陽2-317 TEL:0776-67-2980/フェニックスパワー京都店 京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157