長いバカンスがある国だから作れた驚きのゆったり感【シトロエングランドC4スペースツアラー シャイン ブルーHDi試乗】

●粘り強いエンジンはロングドライブにピッタリ

2019年のお盆休みは9連休となりましたが、ヨーロッパはちょっとそのレベルが違います。なにしろバカンスという名で1カ月近くも休みを取ってしまうのですから。9連休中の何日かで遊びに行く日本人と、1カ月の休みを満喫するヨーロッパの人々では余裕感が違います。それはクルマ作りにも現れていました。

グランドC4スペースツアラー正面
独特な顔付きを持つグランドC4スペースツアラー

シトロエングランドC4スペースツアラーは、以前はC4ピカソと呼ばれていたモデルです。2018年9月に車名を変更し、グランドC4スペースツアラーとしました。このタイミングでナビ&オーディオ関係をアップルカープレイ対応としました。さらに、2019年3月にはミッションを従来の6速ATから8速ATに変更、エンジンもガソリンで15馬力アップ、ディーゼルで10馬力アップとしました。

グランドC4スペースツアラー リヤ7/3
Aピラーから盛り上がったメッキモールはルーフを過ぎDピラーで、下がりさらに前方に向かう

私はクルマはまずパッケージングだと考えています。なによりも乗れなければ役にたちませんし、積めなければ役立ちません。それはスポーツカーでも同じです。自分の体格にあったスポーツカーでなければ、求める楽しい走りはできないからです。ましてや多人数乗車のミニバンですから、パッケージングが悪かったら、クルマの存在価値が疑われます。シトロエングランドC4スペースツアラーはヒンジ式4ドアを採用するモデルなので、ミニバンというよりもMPVにカテゴライズしていいのかも知れませんが、その機能は日本のミニバンを凌ぎます。

グランドC4スペースツアラー真後ろ

グランドC4スペースツアラー真横
ドア前後ともにヒンジ式を採用

なによりもシートのフォールディング方式が実用的です。日本の1ボックスモデルはサードシートを左右に跳ね上げるタイプですが、グランドC4スペースツアラー は前倒しでフラットになるタイプです。前輪を付けたままの自転車を積みたいなど、背の高い荷物を積む場合は日本の1ボックスタイプが便利ですが、キャンプなどでの使用ならこの前倒しタイプでも十分に機能。収納時にフラットになるので、荷物の出し入れもしやすいでしょう。さらに普段使いのことを考えても、簡単に、さまざまなシートアレンジができるのは使い勝手としてはかなりいいといえます。

グランドC4スペースツアラー セカンドシート
セカンドシートは3名分でそれぞれが独立してスライド。千鳥配置にすることで、ゆったりとした乗車も可能
グランドC4スペースツアラー サードシート
サードシートは左右間に若干のすき間を作っている。これが窮屈感を緩和するが、足元はやはり狭め
グランドC4スペースツアラー ラゲッジ
各シートは個別に収納が可能で、さまざまな形でのラゲッジルームを形成できる
グランドC4スペースツアラー フルラゲッジj
2名乗車状態でのラゲッジルーム。フラット感が高いので、荷物の搭載は楽そう。シートを敷くようにすれば、アウトドアでも使いやすそうだ

パワーアップしたディーゼルエンジンは低速からしっかりとトルクを発生し、粘り強い性格でロングドライブが楽しいタイプです。ミッションが8速となったことも相まって、発進の鋭さもプラスされ、日本人好みのセッティングになったともいえます。シフトアップ時、シフトダウン時のショックもよく抑えられています。

グランドC4スペースツアラーのエンジン
エンジンに起毛のカバーを付けるなどして、防音性を高めいてる

乗り心地もおだやかで、シトロエンらしいゆったりとしたものです。かつて、シトロエンで採用していたハイドロニューマチックのような独特の動きではありませんが、前後ともによく動くサスペンションで、長距離移動時も疲れないタイプのセッティングです。日本のミニバンのスポーツタイプにありがちな突っ張ったサスの印象はまったくありません。シャープさには多少かけるかも知れませんが、このクルマでシャープさを求めてもあまり意味がないでしょう。

グランドC4スペースツアラー インパネ
インパネはシンプルなデザイン。ATセレクターは右手で操作するタイプ
グランドC4スペースツアラー フロントシート
フロントシートはゆったりしていて座り心地もいい。
グランドC4スペースツアラー サンルーフ
透過性生地のカバーを採用するサンルーフ。開口部はかなりの広さとなる。

ただ1825mmの全幅で最小回転半径5.5mは都内ではちょっと扱いづらい印象でした。とくにビルの地下駐車場のような駐車枠が狭めな場所では苦労します。国産1ボックスだとトヨタのノア、ヴォクシー、ヴェルファイアなどが最小回転半径5.5mですが全幅は1695mmとずいぶんと狭めなのです。自動で駐車してくれるパークアシストはつきますが、作動がのんびりしているので、混んでいる駐車場などでは周囲を気にしてしまいます。

グランドC4スペースツアラー フロント7/3
フロントフェンダーからリヤフェンダーまでボリューム感にあふれるアンダー部を作ることでどっしりと安定感のあるスタイリングを実現している

(文/写真・諸星陽一)