限定399台の新型ロードスターがマクラーレンから登場。ペブルビーチ・コンクールで披露

●2020年にデビュー予定。アルティメットシリーズと並び立つモデルに

マクラーレンは、アメリカのモントレーで行われるペブルビーチ・コンクールにおいて、アルティメットシリーズの新型ロードスターを発表すると明らかにしました。ペブルビーチ・コンクールは、世界有数のクラシックカーイベント。

デザインスケッチが公開されたのは、2020年デビュー予定のロードスターで、まだモデル名は決まっていないそうです。

マクラーレン
マクラーレンの新型ロードスター

外観はクラシカルなプロポーション、エレガントで流れるようなライン、控えめなガルウイングドアなどを特徴としています。

マクラーレンの最上級シリーズであるアルティメットシリーズのP1TMやSenna、Speedtailといったスーパーカーと並び立つモデルで、価格はSennaとSpeedtailの中間に位置するそう。なお、500台限定のマクラーレン・セナは75万ポンド、スピードテールは210万ポンド。

マクラーレン・セナ
マクラーレン・セナの外観

生産台数が399台となる新型ロードスターは、サーキットよりも公道での走りの楽しさを追求しており、カーボン製ボディに積まれるエンジンは、マクラーレン・セナに搭載されているV8ツインターボがベースになるとしています。

(塚田勝弘)