0-100km/h加速は驚異の3.9秒。新型アウディRS Q3がニュルで高速テスト

●最高出力414ps・最大トルク480Nmでライバルを席巻! RS Q3は2019年内に発表?

アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV「Q3」に設定されるハードコアモデル「RS Q3」が、ニュルブルクリンクでの高速テストを開始しました。

アウディ RS Q3 外観_003
アウディ RS Q3 開発車両

2018年8月にもニュルに現れていますが、この最終プロトタイプでは、ボンネット、ドアパネル、テールゲートなどからカモフラージュが取れ、市販型デザインが露出。

メッシュのグリル、ワイドなホイールアーチ、フロントアクスルの大型ブレーキキャリパー、楕円形のツインエキゾーストパイプなど、最強のモデルの証しも確認できます。

アウディ RS Q3 外観_013
アウディ RS Q3 開発車両

予想されるパワートレインは、「RS3」や「TT RS」から流用される2.5リットル直列5気筒ターボエンジンの最新バージョン。現行RS Q3からは33ps・15Nmアップされ、最高出力414ps・最大トルク480Nmを発揮します。

7速DCTと「クワトロ4WD」システムが組み合わされ、0-100km/h加速3.9秒のパフォーマンスを発揮、ライバルとなるVW「ティグアンR」の2.0リットル直列4気筒エンジンとは明確に差別化されそうです。

新型RS Q3のワールドプレミアの時期は不明ですが、先行オンラインデビューや2019年内の発表が予想されています。

(APOLLO)